コントラクト・キラーの作品情報・感想・評価

コントラクト・キラー1990年製作の映画)

I HIRED A CONTRACT KILLER

製作国:

上映時間:80分

ジャンル:

4.0

「コントラクト・キラー」に投稿された感想・評価

のび

のびの感想・評価

3.7
人生に希望を見い出せなくなった主人公のアンリが自殺を決意し、殺し屋・”コントラクト・キラー"に自分を殺すことを依頼する。殺し屋の影が自分の周囲に現れはじめたそのとき、アンリは花売りの美女マーガレットと出会う。アンリが死を望んだ瞬間から、彼の運命が大きく方向を変えてゆく物語だ。

と書くと、この映画はシリアスな話みたいだが、むしろコメディ的な色彩が全編に漂っている。主人公のアンリをはじめ、どこかずれてる登場人物たちや状況が顔を出す。

アンリの運命が大きく方向転換する中で、アンリが持っていたずれや、アンリに関わる人々や状況の持つずれが少しずつ重なっていく。そのちょっとしたずれが重なり合い、つながることで、最後には主人公のアンリでさえも思っても見なかった地点へとたどり着く。

主人公のアンリの依頼通りに、アンリを殺そうとするコントラクト・キラーに追われるという緊迫感ある物語だ。だからこそ緊迫感の中にあるずれたところが、いっそうおかしさをもたらすのだろう。
熊茶

熊茶の感想・評価

5.0
さすがカウリスマキ
ネット

ネットの感想・評価

3.8
クールにまとまった良作。小品感が強い。
光がカッコいい。マイケル・パウエルに捧げられているだけある。
yuka

yukaの感想・評価

3.7
かわいいけどキメキメ
水の街

水の街の感想・評価

4.1
15年勤めた会社に突如解雇を告げられた男が、殺し屋に自分の写真を差し出し依頼する。

この馬鹿げたノワールが、生きる意味を教えてくれるのだから、なんと素晴らしいことか。そもそも、人は“生きている”のではない、“生かされている”のだ。と、絶望を書いたかのような顔をして、どこまでも滑稽に、されど深く、そして優しく。

「神を信じなければ、地獄もない」という台詞が、カウリスマキらしくニヒルにキマる。
「労働者階級に祖国はない」も好きだな。
雨に濡れた路面もキマってるし、何より登場する全部のバーやレストランのあの佇まい、フィルムへの定着ぶりはちょっと忘れがたい。
カウリスマキでも結構好きなほうだったけど記憶にない
佐藤

佐藤の感想・評価

-
DVDレンタル

やっぱカウリスマキは最高
これ凄い好き。内容全然違うけど三島由紀夫の命売りますと本質的なテーマは似ている気がする.....。ジワジワくる面白さ。そしてやっぱり音楽が良い。。。ビリーホリデイのボディアンドソウル、めっちゃ哀愁漂ってたああ。はあ〜。部屋を青い壁にしたくなります。カーテンは黄色。白い花瓶に薔薇を茎が曲がるまで生けておきたくなります。ハンバーガー屋でバンズパンと肉を鉄板で焼くシーン、フライ返しでペタペタ叩くの愛おしすぎる笑笑 しかもお前かーいってなった笑
enchan

enchanの感想・評価

4.0
つけ忘れてたやつ。アキカウリスマキ好きです。
>|