コントラクト・キラーの作品情報・感想・評価

コントラクト・キラー1990年製作の映画)

I HIRED A CONTRACT KILLER

製作国:

上映時間:80分

ジャンル:

4.1

「コントラクト・キラー」に投稿された感想・評価

のび

のびの感想・評価

3.7
人生に希望を見い出せなくなった主人公のアンリが自殺を決意し、殺し屋・”コントラクト・キラー"に自分を殺すことを依頼する。殺し屋の影が自分の周囲に現れはじめたそのとき、アンリは花売りの美女マーガレットと出会う。アンリが死を望んだ瞬間から、彼の運命が大きく方向を変えてゆく物語だ。

と書くと、この映画はシリアスな話みたいだが、むしろコメディ的な色彩が全編に漂っている。主人公のアンリをはじめ、どこかずれてる登場人物たちや状況が顔を出す。

アンリの運命が大きく方向転換する中で、アンリが持っていたずれや、アンリに関わる人々や状況の持つずれが少しずつ重なっていく。そのちょっとしたずれが重なり合い、つながることで、最後には主人公のアンリでさえも思っても見なかった地点へとたどり着く。

主人公のアンリの依頼通りに、アンリを殺そうとするコントラクト・キラーに追われるという緊迫感ある物語だ。だからこそ緊迫感の中にあるずれたところが、いっそうおかしさをもたらすのだろう。
アキ・カウリスマキ『コントラクト・キラー』を観た。レオ-がかわいい。かわいすぎる(*´ω`*)
イギリス在住のフランス人、仕事は懸命、社会のルールを守ってめちゃくちゃ真面目に地味でちょっと孤独な毎日を送っている。……わかる。性別こそ違えどまるで自分を見ているようだ。真面目に生活してるのになんでこんなに何もいいことがないのかなー笑 家帰って花に水あげてさ。私も花瓶の水替えしてる、一人で週末に。 で、リストラ中年レオーは死にたくて殺し屋に自分殺しを依頼するがバッファロー66のギャロみたいに運命の女に一目惚れしちゃう。で、命が惜しくなるとゆー。そして余命幾ばくもない殺し屋に追われ…。あぁ、なんつー愛おしいスト-リ-すか
生きる意味、教えてもらいました

ガスストライキと、売店でグラサンを売るカウリスマキ監督本人に笑った。
生きてりゃいいことある
mnm

mnmの感想・評価

3.8
登場人物の顔つきが全員素晴らしい
荒野

荒野の感想・評価

4.0
「酒と女は身を滅ぼす」と言うけど、ジャン・ピエール・レオが酒と女で身を滅ぼせなくなるやつ。

最後の「人生はくだらん」という台詞は、前半殺し屋たちが口にする「働いてねえけど幸せだぜ」と実は同じ体温を持っていると思う。設定からして滑稽だけど、中身は割とシリアス(「労働者階級に祖国はない」とかいうキレキレの台詞も)。カウリスマキフィルムでの英語は何だか新鮮。エンディングの音楽も凄く好き。
アキカウリスマキは”粋だねぇ”って言わせる天才

そこには悪役も善人もいなくて、

はあー
大好きが止まらない
おかもt

おかもtの感想・評価

4.8
「移民と花売りの逃避行」ってだけでもう詩ですやん。

仕事を急にクビになって首を吊ろうとするも自殺に失敗し、何もかも嫌になった主人公は殺し屋に自分を殺してもらうように頼むところからお話は始まります。

設定が面白そうすぎるでしょ。
東京よしもとのシュッとして尖った若手がやっていてもおかしくない設定。

このとても良い設定にアキ・カウリスマキのルーザーキャラクターをオフビートで巻き込んでいくからずーっと楽しめます。

この映画の主人公、アンリも全然ユーモアのない不器用でほんとに無愛想な男。

パラダイスの夕焼けで見た、
朝焼けとか夜の風景とか、お酒とかタバコとかどうしようもなさとか、カウリスマキの記号が全開でした。
ジャン=ピエール・レオに星5。初めてウイスキーを飲んだ演技がすごくて痺れた。最初の人生を諦めたダメ男の演技もすごい。だからこそラストで顔がアップになった時の目力に圧倒された。人生に素晴らしさを見出した人間の目はこんなにも力強いのか、と。ぼくもああいう目をしたい。
これ女の子が観たら、ジャン=ピエール・レオに絶対惚れる。ぼくは惚れた。

セリフがキレッキレだった。生を諦めた殺し屋と生に希望を見出した依頼人という人間関係の構造も上手く機能していた。

今まで観たアキ・カウリスマキ映画(レニングラード・カウボーイズ〜を除く)とは違った感じだった。動きがあるというかなんというか。サスペンス要素も強いし。こういうアキ・カウリスマキ、好きだな。

音楽が少なかったけど、やはり最高に良い音楽だった。ギターとコンガのデュオが演奏していた曲が特に良かった。
熊茶

熊茶の感想・評価

5.0
さすがカウリスマキ
>|