キラークラウンの作品情報・感想・評価

「キラークラウン」に投稿された感想・評価

サーカステント型のUFOに乗ってきた宇宙人ピエロが、バラエティ豊かな大道芸を駆使しながら地球侵略作戦を進めていく。モンスター・ホラー「クリッター」シリーズのデザイナーが製作している、SFホラー・コメディ。子供の頃に何度もテレビ放映されていたので、個人的な思い入れがある。

地球にやって来た「ピエロのような異星人」は、バルーンアート、パペット、影絵遊び、いたずら玩具などを駆使しながら、次々と人間に襲いかかる。そして、捕まえた人々を綿菓子型の繭の中に閉じ込めて、最終的にホニャララしてしまう。

人類側の主人公は、若いカップルと警察官の3人組。物分かりのいい警察官が最初から仲間になってくれるし、ヒロインがキャーキャーと喚くこともしない。古典的な恐怖映画の見せ方をきちんと踏襲しながら、自己流の作品へと昇華させているのが素晴らしい。

憎たらしいピエロの特殊造形が優れており、(CGでは味わえない)「そこに居る感覚」を生々しいほどに感じ取ることができる。これぞ、アナログB級ホラーの真骨頂。
ジョジョ7部チューブラーベルズの元ネタっぽいものが(自走するバルーン犬)
御抹茶

御抹茶の感想・評価

3.3
ピエロの造形がたまらなく良い
展開はB級ホラーのソレ

このレビューはネタバレを含みます

ちっちゃい頃観て頭ぶっ飛ばすシーンめっちゃトラウマになった笑

今見たら笑えそう
けい

けいの感想・評価

3.0
トリップ的なセットがちょいちょいでてきた、ぶっとびを味わえるまさしくB級!!

やっぱり、美術ができる人はストーリーが苦手ってことを実感した😹
カルト映画ってこんな感じーみたいな?
kuma

kumaの感想・評価

4.0
これぞB級映画の理想型、と褒め称えたくなる。良い具合に安っぽく、でもツボはしっかり押さえてて、観ていて楽しい。ピエロ宇宙人がキモ可愛いというか、そりゃホラーだから怖いんだけど、観ていく内にちょっと愛おしくなってくるような造形が秀逸。子供の頃ならトラウマになってもおかしくないが、ペニーワイズとかよりは全然マシな気がする。少しモンスター寄りだからかも知れない。

チャリンコぶっ壊した暴走族の頭をパンチで跳ね飛ばすシーンとか、影絵の影でおじいちゃんおばあちゃんを食べちゃうシーンとか、エグさをコミカルで中和するその辺の塩梅がセンス良し。
ホラー×コメディ
ホラーなんだけど、独特なコメディ感が漂う。
こういうタイプの映画、減ったなぁ。
むむむ

むむむの感想・評価

5.0
サイコーな作品。
>|