ShiroKyogoku

裏切りのサーカスのShiroKyogokuのレビュー・感想・評価

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)
3.4
キングスマンのコリンファース観たさに鑑賞(笑)

イギリスの諜報組織、サーカス。内部に「もぐら」と言われるソ連への情報提供者=裏切り者の二重スパイが潜入している疑惑が持ち上がった。
一体もぐらは誰なのか?
直前に解雇された元サーカスのジョージ(ゲイリーオールドマン)が、その人物を暴いてゆくストーリー。
流れが淡々としていて、映像も全体的にモノトーンな感じで派手さがない分、個々の俳優の味がよく出ていると思える。
ゲイリーオールドマンももちろんなんだけど、コリンファースとマークストロングの完全にキングスマンのコンビが全然違う雰囲気で魅力的。

正直一回見ただけだと、時系列や人間関係追うので精一杯で珍しく理解するのが難しかった!
近いうちに改めてもう一回観たい作品。