ucandoit

裏切りのサーカスのucandoitのレビュー・感想・評価

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)
4.5
ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、トム・ハーディ、マーク・ストロングにベネディクト・カンバーバッチとイギリスの旬な俳優総出演のスパイサスペンス。

冷戦時、英国秘密情報部(サーカス)にソ連から送り込まれた「もぐら」は誰か。
ゲイリー・オールドマンが終始シリアスに演じます。

よく練り込まれたストーリーで、どうやら辻褄ががっちり合っているようですが、一度観ただけでは細部はわかりません。
登場人物も多いし、それがファーストネームだったりファミリーネームだったりコードネームだったり、最後の方にならないと名前と顔が結びつかない。
視聴後に詳しいネタバレ解説を読んで納得。

日本の映画と違って説明的でなく暗示的(なんと意地悪なw)。時系列でもない。もう一回観てみなさい、という感じでした。

これだけのスターを揃えて、ストーリーは超渋いです。
アクションより思考。
観る側もじっくり取り組む根気が必要です。
でも忍耐の価値があると私は思います。
しばらく時間をおいてまた鑑賞します。
かみごたえのある作品と言えると思います。

余談ですがカンバーバッチはまたゲイです。
そしてストロングがまたまたスパイw。
そしてストロングとコリンファースがまさかの!