おぎゃあ

恐怖の魔力/メドゥーサ・タッチのおぎゃあのレビュー・感想・評価

4.0
これおもろかった。

ロンドンで殺人未遂事件が起こり、パリ警察から人事交流でイギリスに来ていた警部が事件を捜査していく物語なんだけど、この警部がめちゃ渋くて味がある。
演じているのはリノ・ヴァンチュラ(相当有名な俳優さんらしいのですが、僕は知りませんでした)
事件の被害者を演じるのはリチャード・バートン(相当有名な俳優さんらしいのですが、僕は知りませんでした)

ツッコミを入れたくなる場面もあるのだが、テンポの良さでツッコミを入れる隙を与えてもらえないどころか、グイグイ引き込まれてしまった。

「1978年の映画ですが、未来を予言している様で怖い。」