さんぴん

ギャングスターズ 明日へのタッチダウンのさんぴんのレビュー・感想・評価

4.0

実話ベーススポコン。
もうね、全自動涙製造映画。
.
ドウェイン・ジョンソンが一応の主演
筋肉映画なんだろうなって思ったら
大間違い。コーチカーターと同系譜の
不良更生もの。
.
話の流れは実話からある程度の
脚色がされて鉄板中の鉄板。
.
開幕早々でチャリンコパクられたから
銃持って仕返しに行くなんていう
どう考えたらそうなんのって日常。
.
そんな登場人物達が最後にはもう
素晴らしいチームに。
.
最後の試合は永遠画面が歪んでた。
目玉もげかけた。
.
でも現実はそこまで甘くなく
全員が更生するわけでもなく
中には出所した後に殺されたメンバーも。
.
映画で泣き、エンドクレジットの
ドキュメンタリー映像でもっかい泣く。