slow

アーバン・エクスプローラーのslowのレビュー・感想・評価

2.1
「ベルリンの"闇"へようこそ…」
ーーーーーーーーーーーーー
{あらすじ}
ナチスドイツの古い地下豪を
探索する若者一行が
汚いおっさん殺人鬼に
襲われるゥッ!!!!((((;゜Д゜))

話の掴みはよく、
"ナチの地下豪"という舞台設定や,
クラブが地下豪への通路として
こっそり機能してたり……
現実味もたせるのはうまく、
序盤は面白い。

…のに汚いおっさん殺人鬼が
現れた途端、
急激につまらなくなった(;つД`)

若者が全員「遊び人」で
生きててほしいとすら思えず、
せっかく女性キャラ多いのに
気づいたら死んでたパターンで
女性を多く出した意味がない…。

私がこの作品に唯一
希望を感じてたスパナチュの
ディーン似のイケメン君が
前半で消え,主に活躍するのが
最初に殺されるべき存在
"リア充カップル"とか誰得じゃい!怒

そして本作最大の汚点、
それは汚いおっさん殺人鬼に
全く「魅力を感じない」ということ!

これは「B級あるある」だけど、
"グロさ"にだけは力入ってて
一番グロかったのが、
男の"皮"を脱がすところね(||・∀・)ノ
久しぶりにホラー映画みて
「うえっ」てなった…。

ただ、このおっさん殺人鬼…
殺し方に"鮮やかさ"がなく、
中途半端なところで辞めるので、
スカッとバカ若者を
成敗してほしい身としては
おっさん殺人鬼の顔面の汚さと
あわさって"不快感"しかない…。

ゾッとするラストも
汚いおっさん殺人鬼の
謎の歯磨きを見せられるとか…
気味悪さを通り越して、
ただただ腹立つ!!!Σ( ̄皿 ̄;;

活躍するキャラを
イケメン君にチェンジして
殺人鬼の役を序盤に出た
狂暴犬を連れた
強そうなオジサンと
忠実な手下っぽい男の
二人組にすりゃよかったのに…。

しかし、あの二人組…
殺人鬼と関係なく
ただ通りすぎた感じでしたけど
何者だったの……?

誰かさん、
あの謎の男二人組を題材にして
ホラー映画作って下さいっ!(≧人≦)