71フラグメンツの作品情報・感想・評価

「71フラグメンツ」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.8
挑戦的な作品だ。なんなら挑発的と言っても良いのだろう。一応は大学生が銀行強盗を行い自殺する事件が描かれているのだが、そこに難民や義理の家族、冷え切った関係の夫婦や親子の話が絡み合い、しかしそうした明らかに本筋とは無関係な「断片(フラグメンツ)」を語る意図はあからさまにされない。いや、そもそもミヒャエル・ハネケは銀行強盗の話すら表現したくないのではないか。たまたまこれは観た私が頭の中で偶発的に繋がるパズルのピースの産物であって、人に依っては別のピースの産物が頭の中で繋がるのだろう。ハネケ節とも言える長回しもまた見事で、難解ではあるのだけれど(観終えたあと苦行を強いられた気分なのだけれど)、スジ自体よりショットひとつひとつの鮮烈さが頭の中に残留し続ける。なんの感情も喚起させない、音楽で言えばオウテカの作品のようなものか。
狙いは分かるしそれが成功してるとも思うけど、ちょっとわざとらしく感じてしまった。特に最後のニュースとかは。

インタビュー動画で感情の氷河期三部作と呼ばれるのをハネケは嫌がってるのか、コミュニケーションの不可能性三部作と呼んでたけど、初期三部作の中ではこれがそれを一番表してる気がした。不法入国してきた少年とかわかりやすい。感情の氷河期って言い方が腑に落ちてなかったけど、ベニーズビデオも71フラグメンツも、感情の氷河期とか無関心の時代とかじゃなくて「コミュニケーションの不可能性」って言われてしっくりきた。無関心と氷河期は勝手に第三者目線に立った人間がそう言うだけで、時代に当事者意識を持って生きてればそういう映画じゃないことは分かるし、ハネケもちゃんと訂正して言い換えてて良かった。
ただ、セブンス・コンチネントはそういうテーマじゃないと思うので、ベニーズビデオ、71フラグメンツ、コードアンノウンの三つで「コミュニケーションの不可能性三部作」として欲しい。
なんつー映画を見てしまったんだ、、

余白が多く一見断片的のようではあるが多くを語らない非常にスマートな作品である

セブンスコンチネントから受け継がれた所々挿入される空白や過度な接写に想像力が掻き立てさせられる。

過度な接写は日常を映していても圧迫感のある雰囲気になり一見話が停滞していてもクライマックスに向けての促進力となっている。

こんな言葉を使うと非常に薄っぺらく聞こえてしまうかもしれないが、考えさせられる映画であった。
seimiyake

seimiyakeの感想・評価

5.0
この映画のフラグメンツ構成と十字架の紙パズルのシンパシーとか
浮浪者

浮浪者の感想・評価

3.3
事件に居合わせ者の来歴をつなげることで断片的世界を記述できるとおもっている悲しいハネケ。「事件」を完全に霧散させること、瞬間として見放さないようにすることを共に成し遂げようとする意欲にひれ伏しつつ。
『71フラグメンツ』
ハネケ監督は単純なストーリーには全く興味がないらしい。寧ろ分かりやすいストーリーは観る側の想像する力を劣化させる、と言わんばかり。

とにかく、ハネケは私たちに想像することを要求し、作品の中に引きずり込もうとする。


映像を連続させず、敢えて断片的にしているのは、普段私たちが見ているのは飽くまで一部分であり、断片でしかないというメッセージ。

事件や国際紛争のニュース、ディスコミュニケーションの夫婦、虚無感に包まれた大学生、街行く人たちから見向きもされない浮浪児…
人と人との繋がりの中で「生きにくさ」を群像劇で表わしている。

本人でない限り、その「生きにくさ」の理由は分からない。他人からすれば目にしているものが「事実」であっても、断片的に事実なだけであって、それが「真実」とは限らない。

父親と娘の長電話、一人で一心不乱にピンポンを続ける大学生の長回し映像。単調な映像から、観ている側はその意味を次第に見い出そうとする。関心が湧くことでその背景にまで想像を巡らせる。

ハネケ監督は「想像力を働かせよ。そうすれば真実に近づく」と言いたいのかもしれない。

「映画を単なる娯楽に終わらせてはいけない」という監督の想いが伝わってくる。
ハネケ作品の無駄に装飾されてなくてわざとらしさのない描写がなんかいい。好み
りたお

りたおの感想・評価

3.7
珍しくっていうか初めてハネケ作品で感情移入できる人がいて、ラスト、めっちゃわかるよぉぉぉて抱きしめてあげたかった。
相変わらず分からないところは本当にわからなくて、でも飽きずに観れたのは作品自体に力があるのか、私がハネケ作品だって意識して観てたからなのかはもうわからない。
卓球マシーンで練習する人や老人の電話シーンの「え、うそでしょまだ流すの?」な感じ。これが欲しくて観た。
不法難民の浮浪児に哀願の目を向けられても大抵のひとは目を背ける。
だけどハネケは目を背けることができない。と言うより目を背けてしまったことを悔やみ続けて忘れられない人なんだろうと思う。そう思ったところでこの映画は見る人によっては優しい映画なのかもしれないと感じ始めた。
生きていくということは大なり小なり罪を増やし続けることだったりする。だけども暗く冷たい厭世観が充満している中、妻が自分の頬を叩いた夫の手を握った一瞬に少しだけ熱が上がった。
>|