kaspar

ネバダ・バイオレンスのkasparのレビュー・感想・評価

ネバダ・バイオレンス(2009年製作の映画)
3.3
以前から観たいなと思ってたアダムメイソン監督作品を初鑑賞、、、
しまった、見る作品を間違えたか!?
あっち系やんこれ(ネタバレになるので書きません)
悪魔の椅子から観るべきやったかも!?
まあ、つまらなくはないです。
映画としてしっかり作られてるので、そんなに飽きることもなく最後まで観ることができます。
んが、んが、物語が中盤からかなり怪しい方向に動き出し、あっち系の話になっていくので、なんでもありでどうでも良い感がハンパなくなっていきます。
ほんとこれ系は気まぐれ感がハンパないんすよね、

何がしたいねん!?
それが〇〇の〇〇なのだ!

、、、はあ、そうですか
、、、納得しました。

って、なるわけないやろ!