プッシーキャッツの作品情報・感想・評価

「プッシーキャッツ」に投稿された感想・評価

nico

nicoの感想・評価

4.0
好きな要素が沢山詰まった映画だった〜!元気でる〜!可愛いガールズバンドと可愛い世界観、ストーリーも設定がぶっとんでて面白かった

ガクトのアナザーワールドはこっからきてたんだね〜笑
みぽち

みぽちの感想・評価

3.7
ガールズバンドの話。
とにかく可愛い!
サントラが全部よかった!
琉太

琉太の感想・評価

3.5
頭空っぽにして楽しむタイプ
楽しそうなガールズバンド作品
3人ともキュートで可愛い
頭疲れたときに
まの

まのの感想・評価

3.7
とにかくキュートでロックで楽しい!!
元気が出る作品!

ロザリオドーソン!
iwapuuuu

iwapuuuuの感想・評価

3.8
DVD鑑賞。
くだらないんだけど、風刺が利いていて面白かった。
音楽が素晴らしく、サントラ盤CDも購入してしまった。
[2017.12 #60]
予想より面白かった!
keeper7

keeper7の感想・評価

3.0
公開当時アメリカで鑑賞。
大好きな学園+バンド+ガールズもの。(この組み合わせは"バンド"の部分が色んなものに入れ替わる笑)
この映画から一時期レイチェルにハマったほど作品内の彼女は神がかり的に可愛い。(タラとロザリオもセクシー^ - ^)

また主人公達の音楽性が主に軽快なハードポップ、パンクロックチューンでこれがまた最高にキャッチーでカッコ良い。サントラまで買ってしまうほど元気の活力源となるパワーがあった。

ただストーリーの方は少々ありきたりなサクセスストーリーで後半へ行くほど失速する。狙った様な敵キャラ達やギャグもきらいでは無いがハジけきれておらず少し寒い。
しかし作品の色使いや挿入曲、主演メンバーを眺めているだけでも元気になれてほっこりする我がお気に入りの一本。
「自分らしさを捨ててはいけないんだよ」

いやぁ。これは掘り出し物でした!
正直なところ《ヴァレリー》を演じるロザリオ・ドーソン姐さん目当てだったのですが、それを忘れるほどに前のめりになる物語と音楽。日本では劇場未公開だったそうですが、それは勿体無い話でしたね。

ただ、ノリは邦画のようなコメディ。
しかも、地上波で放映している“コント”のような部分も散見されます(ヅラとメイクと入れ歯と…なんてノリですよ)。だから「よーし、洋画を観るぞー」なんてスタンスは禁物。生温かい目で観る必要があります。

でも、それを理解した上で。
笑いのツボがピタリとハマれば「うはははははっ」と笑えて、胸がキュンとなる素敵な作品なのです。幸運なことに僕はドンピシャでした。物語冒頭のアイドル《デジュー》の登場からして、顔が崩れまくりでしたよ。うははっ。楽しい!

あと、ガールズバンドの物語ですからね。
当然のように音楽にも気合が入っています(噂によると、女優さんたちは実際に演奏できるまで鍛えられたとか)。これも好みが顕著に表れる部分ですが、鑑賞後にサントラが欲しくなるレベル。というか、何故にアマゾンで取り扱っていないのか。ふんぎふんぎ。

そして、素敵なアクセントとして。
主人公たちの《マネージャー》を演じているのがアラン・カミングというのもポイント。彼の胡散臭くてキュートな笑顔は必見ですよ。あと『スクリーム3』で印象的だったパーカー・ポージーも味がある存在感。終盤の展開は…うは。マジですか。楽しい!

まあ、そんなわけで。
対象年齢としては若者がメインターゲットだと思いますが、時にはこんな作品も楽しいものですね。あ。そういえば、スタッフロールまで楽しめる映画…というのも邦画っぽいですよ。うん。雰囲気が良い現場というのは、ハリウッドも日本も変わらない…と分かる瞬間です。

そして、最後に。
真面目な部分を言えば、一応、サブリミナル効果について描いた物語でもありました。だからなのか、僕も『スペースチャンネル5PART2』というゲームがプレイしたくなりましたよ。

踊りで勝負よ!
アップ、アップ、
ダウン、ダウン、
チュー、チュー、チュー!
懐かしいー!!とにかく3人とも可愛くて歌もいい。結構ティーン向けだけどこれでいいんです!こういう映画を手に取る人はハッピーなガールズムービーが見たいがために見てるからとことんハッピーでいいんです!!
>|