レールズ&タイズの作品情報・感想・評価

「レールズ&タイズ」に投稿された感想・評価

静かに力強く心に響く。
そんな作品でした。
死にゆく妻に向き合えない夫と、心に傷を負った少年が家族のように過ごす。

重いストーリーではありますが、観終わった時は爽やかな気分です。
クリントイーストウッドの娘の
アリソンイーストウッドの
監督デビュー作
心に染み入るいい作品でした。
これが日本未公開だったとは
もったいない。
子役のマイルズハイザーくんの
演技に涙が止まりませんでした
tulpen

tulpenの感想・評価

3.3
地味ながら佳作。

マーシャ・ゲイハーデンって
誰が旦那さんになっても妻役がしっくりくるから不思議。
ケビン・ベーコンとも相性良し。
友人役でERのチューニーが出てて嬉しかった。


途中で流れたSadeの
ザ・スウィーテスト・ギフトがgood!
音楽はカイル・イーストウッド。
初監督だから血族サポートも有りね。
hoほ

hoほの感想・評価

3.9

A boy with a broken heart and a husband with his wife sentenced to terminal cancer.

A train accident connected them luckily or unluckily.

This may be an unscreened film in Japan, but includes painful and worm and make us feel "Eastwood spirit" definitely.
クリント・イーストウッドの娘、アリソンが初監督を務めた夫婦愛、家族愛について深く描き出した感動のドラマ。

列車の運転士である主人公のトム。妻が癌に侵され、余命僅かという現実に向き合えないでいる。そんな中鉄道事故で母親を失った少年を家に迎え入れた事で、それぞれの心に大きな変化が訪れる物語。

これが日本未公開とは信じられない。
そう思うくらい心に深く刻み込まれた作品になりました。終盤なんか何度涙腺が緩んだか。

ケヴィン・ベーコンの妻を愛しているのにそれを上手く表現できず、悩み苦しむ主人公トムの姿。そして全編通じて感じる渋さに彼の演技の凄みを再認識しました。そして彼に負けない存在感を放ったマイルズ・ハイザーの母親を亡くし、愛情に飢えた少年デイビーの演技も本当に素晴らしかった。

癌で死が迫りながらも、デイビーを息子同然に愛情を持って接するメーガン役のマーシャ・ゲイ・ハーデンの名演も涙を誘います。

明るいテーマではないし地味な作風ですが、ラストは希望の光が見える終わり方。本当に良い映画を見たと思える作品でした。

もう一度言いますが、これが未公開なんて勿体ない。隠れた傑作に留めておくべきではありませんね。是非多くの人に見てほしい作品です。
taka

takaの感想・評価

3.7
これもケヴィン・ベーコン見たさに観た映画…。笑
ラストどうなるか途中で分かってしまったけど、それでも心から良かったなあと思える映画でした。
haru

haruの感想・評価

4.0
大切な人と心を通わせるのが時に難しくなるのわかる。本音でぶつかるからこそ傷ついたり傷つけたり。

最期こんな風に看取られたら、私の人生幸せだったって思って旅立てそう。佳作。日本未公開って残念だな。
miyajima

miyajimaの感想・評価

4.0
昨夜の1本。
隠れた秀作。
kiko

kikoの感想・評価

3.5
鉄道員として働くトムは妻の余命宣告を受けながらも、働いて気を紛らわしたい仕事人間な男。妻の側に居てやれと職場の友人に助言されるが聞く耳を持たず、電車に乗り込むが‥な話。限られた時間の中で出逢った宝物。メーガンは幸せだっだだろう。ラストも良かった。
mai

maiの感想・評価

3.9
こんな良作が隠れていたとは。
ケビンベーコン
好きな俳優
観てよかった
>|