満月うさぎ

裸のめざめの満月うさぎのレビュー・感想・評価

裸のめざめ(2008年製作の映画)
2.0
欲望と妄想に取憑かれた異才ブリソー監督セックス三部作の三作目。

主人公サンドリーヌは婚約者グレッグとのセックスの相性が悪く不安を募らせていた。彼氏がイったあと別室でオ●ナニー…彼氏にその場を見られ堂々と……

彼女「(あんたのセックスより)気持ちいいからよ」

彼氏「この淫乱女め」



ふwwwww

ある日カフェでグレッグという男性に出会い一線を越えてしまう。彼は精神医学を学び催眠を用いた療法を研究していた。彼女は更なる快楽を求め新たなる境地へ足を踏み入れていく…

催眠術でエクスタシー!?
夢イキとは違うのか?もー設定がぶっ飛びすぎてなにがなんだかwwもちろんエロはあるんですが催眠術のシーンや、じっちゃんとの物理学的な話が半分を占めてて…エロ目的だと眠くなると思います。エロ映画にまさかのアインシュタインぶちこんできたもんねー(゜△゜)宇宙>>>>エロ。しかも結構深いところまで。こりゃ萎えるわ…その話は別にこの映画じゃなくて違うところで語ってほしかった…

ジャケットのワンシーン。
事後ベッドに横たわりグッタリするサンドリーヌ。

グレッグが一言
「大丈夫?」

サンドリーヌ「…このよさは女にしか分からないのよ」

……こんなところに共感ぽいんと!
男の気持ちいいと、女の気持ちいい、感じ方とか波とかどんな違いがあるんだろ~~ていつも悶々しちゃいます。
はい変態(σ*´∀`)

三部作終わっちゃったけど監督の一番のヒット作(?)【白い婚礼】が残ってるよ!今度レビューします☺