小森

愛と憎しみの伝説の小森のレビュー・感想・評価

愛と憎しみの伝説(1981年製作の映画)
-
NO!wire hanger ever!!!でお馴染みのカルト映画。娘の暴露本が原作で母ジョーンクロフォードの虐待が描かれてるんだけど、フェイダナウェイの熱演が気合入りすぎ。映画を見た娘も「ここまで酷くなかった」と言ったとか言わなかったとか。フェイダナウェイの常軌を逸した演技が最高で、怖すぎて笑えてくる。ラストは目を開けるんじゃないかとドキドキしました。