sonozy

カンウォンドの恋のsonozyのレビュー・感想・評価

カンウォンドの恋(1998年製作の映画)
4.0
ホン・サンス監督の初期作。
韓国の北東部にある自然豊なエリア江原道(カンウォンド)を舞台にした男運の悪そうな女と、終わったはずの不倫相手の大学講師の物語。

休暇で江原道の海に近いエリア江陵(カンヌン)駅に降りた3人の若い女性。砂浜に座って歌ったり、美しい小川を楽しんだり、小道に落ちていた金魚を土に埋めたり。
ヒマそうな警官に勧められた民宿に決め、その警官と夕食&酔って、主役のジスクは警官に介抱されつつ朝を迎え、地元に帰る。

ジスクは不倫相手と別れたばかりのようだが、懲りずに一人でこの警官に会いに行ったりしちゃう。

もう一人の主役、大学講師チョ。妻と子供一人いるが、喫茶店で後輩の教授に不倫相手と別れたと話してる。
助手の女性が一人いる教授部屋に引越した隣の人からもらった金魚を洗面器に入れて窓際に置いたり、教授になるべく動いてみたり。

後輩と二人、江原道の国立公園・雪岳山エリアに向かったチョ。
山の中で道を訪ねてきた女性と待ち合わせてみたり、瓦に白マジックで願い事を書く寺に寄ったり、オッサンに誘われ行ったクラブで後輩と2人の女性をお持ち帰りしたり。
雪岳山で女性が転落死したというニュースを見て、山中で会った女性だと気づき警察に電話して地元に戻る。

教授仲間と飲み終えたチョは、不倫関係が終わったはずのジスクを呼ぶ・・

英題は原題に準じて『The Power of Kangwon Province(江原道の力)』
それぞれ休暇で江原道を楽しんだジスクとチョ。
江原道には、未来のない不倫愛を再燃させる”力”があるのでしょうか?

初期作ながら、この世界観・空気感はこれぞホン・サンスという感じ。好きです。