不思議惑星キン・ザ・ザの作品情報・感想・評価

不思議惑星キン・ザ・ザ1986年製作の映画)

KIN-DZA-DZA

上映日:2016年08月20日

製作国:

上映時間:134分

4.0

あらすじ

モスクワ、冬。技師マシコフは帰宅するなり妻に「マカロニを買ってきてくれ」と頼まれ外出する。街角で地方出身らしいバイオリンを抱えた青年に「あそこに自分のことを異星人だという男がいる」と声をかけられて、関わるのは面倒だから警察に、と提案するが「裸足で寒そうだから」という青年に付き合って、その怪しい男と言葉を交わす。自称異星人は「この星のクロスナンバーか座標を教えてくれ」と尋ねるが、まっとうなソ連市民…

モスクワ、冬。技師マシコフは帰宅するなり妻に「マカロニを買ってきてくれ」と頼まれ外出する。街角で地方出身らしいバイオリンを抱えた青年に「あそこに自分のことを異星人だという男がいる」と声をかけられて、関わるのは面倒だから警察に、と提案するが「裸足で寒そうだから」という青年に付き合って、その怪しい男と言葉を交わす。自称異星人は「この星のクロスナンバーか座標を教えてくれ」と尋ねるが、まっとうなソ連市民であるマシコフはそんな虚言を信じないで、男の手の中にあった〈空間移動装置〉を押してしまう。瞬間、マシコフと青年は砂漠のど真ん中にワープしてしまった!

「不思議惑星キン・ザ・ザ」に投稿された感想・評価

McQ

McQの感想・評価

5.0
ゆるーーーーーーーーい映像、音楽、やりとりがひたすら続きますのでゆるーーーーーーーーい感じが好きな方にオススメ致します!
シュールな感じです。
眠くもなります。
ですが、最後まで観て頂きたい。
とても寂しい気持ちになります。
そしてほっこり暖かい気持ちが残ります。
最後まで見終わった時には大好きな映画と呼べる作品になるかもしれません。
taka181

taka181の感想・評価

4.1
このオフビート感!文明が高度なのか低いのか判別不能なゆるディストピア感!1986年ソビエト連邦って!クー!
音が良い。クー!

このレビューはネタバレを含みます

「クー!」の一言で感想書こうとしたけど、やっぱりちゃんと書く。

冒頭のワープがほんとに一瞬だったので間違いなくこの映画はいい映画だと確信。
そして現れるキンザザ人。そう言えば昔宇宙人の本を集めまくっていて、昔の宇宙人目撃談には本気で意味わからんものがあったなと思い出す。

とにかく、全体的にほのぼのしてる。緊迫してるシーンでもほのぼのしてる。緊迫してるシーンでもほのぼのしてるのはクソ映画によくあるけど、この作品の場合それが良いところなのですごい。設定がぼんやりしてるのかちゃんとしてるのかわからないあたり、夢を見ているみたいでトリップ感。

中盤、唐突な「第1章おわり」のテロップで吹く。すかさず用語解説(ここでかよ!)、その後「第2章ここから」。

第2章ではすっかりクー!の文化に順応している二人が面白い。

ラスト直前、人間をサボテンにするという星に着く。着いた後、すぐに時間を巻き戻してなかったことにしている。もしかして、撮りながら「サボテンの星要らないんじゃないか?」とか思ってなかったことにした説が出てくる。

そしてそのまま感動のラストシーンへ。
ラスト感動した、、!!!

あと用語解説、ここ?!
今?!ってなった笑

いやほんと、面白かった
いちいち続きが気になった。
じゅぺ

じゅぺの感想・評価

5.0
不思議惑星キン・ザ・ザ、超絶大傑作。旧ソ連で大ヒットした脱力系SF、ちょっとルックで舐めてました。ハンパなく面白い。きびしい身分制度や腐敗した役人、ゆるゆる世界観の中には鋭い体制批判。そして最後には国の垣根を超え、いや、宇宙を超えた友情と絆。ほろりと泣かせてくる。最高!!

小汚いおっさんがアホみたいに「クー!」とか言ってるだけじゃないんですね。最初反発してたのにいつのまにか順応してるおじさんとバイオリニストも面白い。騙されまくっても裏切らず、くじけない。実は勇敢で力強いおじさん。のんきな宇宙人たちもだんだん好きになってくる。

そのまんまやったらどぎつくなってしまう差別や階級の設定を、ゆるーいおじさんと荒涼とした砂漠の上に描くことで、楽しませつつも現実世界の罪について考えさせ、しかも人間を信じる希望を与えてくれるという。本当にすばらしい。ズートピアでも思ったけど、これこそ映画の力だと思う。
KIKA

KIKAの感想・評価

3.5
明日は上司に
クー使お。
Harry

Harryの感想・評価

3.5
記録用
こ

この感想・評価

4.6
クー!!
みお

みおの感想・評価

5.0
映画界のザコシ
>|