天使の入江の作品情報・感想・評価

天使の入江1963年製作の映画)

LA BAIE DES ANGES

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:80分

3.8

「天使の入江」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

3.4
ヌーヴェル・ヴァーグの2大作家で夫婦のジャック・ドゥミとアニエス・ヴァルダ。シアター・イメージフォーラムの特集上映「ドゥミとヴァルダ、幸せについての5つの物語」にて鑑賞。

ジャック・ドゥミの長編第2作で、劇場正式公開は初。主演女優は2017年7月31日に亡くなったジャンヌ・モロー。出演作を見るのはフランソワ・トリュフォー監督の『突然炎のごとく』に次いで2作目。

この日は菊地成孔さんのトークショー付き。『シェルブールの雨傘』の資金作りもあって、ササっと撮った作品とのことで、物語もサクサク進む。

パリの銀行に勤めるハンサムな青年主人公。同僚にカジノに連れていかれ大当たりしたことからギャンブルにハマる。そして南仏リゾート、ニースの保養地“天使の入江”のカジノでブロンド美女と意気投合し、ギャンブルにのめり込んでいく。

現実から禁断のカジノへと逃避した、いわば失楽園した2人が愛により救済される物語らしい。マリリン・モンローよろしく頑張っているジャンヌ・モローが悪女にしか見えず、愛とか幸せというよりは、落ちるところまで落ちる方が似合っている気もするけれど…。

ルーレットで勝って負けてを繰り返し、合い間に2人でデートして、みたいなサクッとライトな感じがヌーヴェル・ヴァーグなのかな? 自分にはまだ良くわからない…。

●物語(50%×3.0):1.50
・愛とギャンブルへの熱狂のどちらが強いかみたいな。自分的には後者の方がリアリティがあったかな。

●演技、演出(30%×3.5):1.05
・カジノのシーンは好き。

●映像、音、音楽(20%×4.0):0.80
・ピアノが印象的。ジャズも良し。
今年はジャンヌ・モローさんが惜しまれながらも亡くなった事が、ついこないだなので、「よし!ジャンヌ・モローを心のフィルムにやきつけよう!」👀

と意気込みましたが、何度見てもプラチナブロンドの髪をしたジャンヌさんがあまりに斬新なので内容よりも髪に見入ってしまいました👀💦

ニースのすてきな浜辺(でも砂浜が砂利だらけで痛そう)🏖
で「たるんだお肉を見ているよりも」カジノで賭けを眺めている方が良いと言い切る主人公のジャッキー(ジャンヌモロー)

そのカジノのシーンが思いのほかスリルがありました🎲➰

コロコロまわるサイコロの音が大スクリーンで右や左と何度も流れ、それにつれて主人公たちのふところは寂しくなる‥

この頃のジャンヌ・モローはヌーヴェルヴァーグのスターで絶好調の時、賭け金やタバコやジェラートをポイポイと投げすては🎲➰生き生きと、それこそ歌う様にセリフを喋っていました。

映画が始まり、ジャンヌ・モローが出てくるまでのシーンはやっぱり小粒だけれど、彼女が出て来た途端にモノクロがカラーになった様な色彩感が滲み出る、不思議な人ですネ
美しきジャンヌモローとルーレットで目が回る。
Toku

Tokuの感想・評価

3.4
ミシェル・ルグランとヌーヴェル・ヴァーグ~映画に新しい波を生んだ、映像と音楽の豊かな関係~@福島県白河市

気になった音楽
天使の入江/Michel Legrand
なお

なおの感想・評価

-
寝ちゃった
玉がルーレット上を転がる様子を音楽に用いている

脱獄、ギャンブル、潜水艦が題材とされている映画は潜入感が持ちやすいため、民衆に受けやすい
ジャックドゥミの長編第二作目。悪友に誘われカジノを覚えた銀行員のジャックは、プラチナブロンドのジャッキーと出会い、賭け仲間となってゆくが、、
冒頭のロングショットから圧巻!華やかで情熱的なミシェル・ルグランの音楽と相まって素晴らしい。「数字の神秘的さ」に囚われたジャッキーを演じるジャンヌ・モローの魅力とそれに翻弄されるクロード・マン。愛している人を救いたい純粋な気持ちとどうにもならない定めに、「人生」がぎゅっと詰まっている。
Aki

Akiの感想・評価

4.3
6,7年ぶりの再見。カジノ入口廊下の鏡の扱いがとても良いのだけど。欲しいなアレ。
2040003

2040003の感想・評価

5.0
音楽。
>|