天使の入江の作品情報・感想・評価

天使の入江1963年製作の映画)

LA BAIE DES ANGES

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:80分

3.8

「天使の入江」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

3.4
ヌーヴェル・ヴァーグの2大作家で夫婦のジャック・ドゥミとアニエス・ヴァルダ。シアター・イメージフォーラムの特集上映「ドゥミとヴァルダ、幸せについての5つの物語」にて鑑賞。

ジャック・ドゥミの長編第2作で、劇場正式公開は初。主演女優は2017年7月31日に亡くなったジャンヌ・モロー。出演作を見るのはフランソワ・トリュフォー監督の『突然炎のごとく』に次いで2作目。

この日は菊地成孔さんのトークショー付き。『シェルブールの雨傘』の資金作りもあって、ササっと撮った作品とのことで、物語もサクサク進む。

パリの銀行に勤めるハンサムな青年主人公。同僚にカジノに連れていかれ大当たりしたことからギャンブルにハマる。そして南仏リゾート、ニースの保養地“天使の入江”のカジノでブロンド美女と意気投合し、ギャンブルにのめり込んでいく。

現実から禁断のカジノへと逃避した、いわば失楽園した2人が愛により救済される物語らしい。マリリン・モンローよろしく頑張っているジャンヌ・モローが悪女にしか見えず、愛とか幸せというよりは、落ちるところまで落ちる方が似合っている気もするけれど…。

ルーレットで勝って負けてを繰り返し、合い間に2人でデートして、みたいなサクッとライトな感じがヌーヴェル・ヴァーグなのかな? 自分にはまだ良くわからない…。

●物語(50%×3.0):1.50
・愛とギャンブルへの熱狂のどちらが強いかみたいな。自分的には後者の方がリアリティがあったかな。

●演技、演出(30%×3.5):1.05
・カジノのシーンは好き。

●映像、音、音楽(20%×4.0):0.80
・ピアノが印象的。ジャズも良し。
ほとり座・CIBOでの「ドゥミとヴァルダ 幸福についての5つの物語」一作めです。

男と女がおぼれていくのは、愛か?ギャンブルか?

ジャンヌ・モローのファム・ファタールっぷりは貫禄十分でほんとうに美しい。彼女が完璧にこのヒロインを演じるからこそ、物語の向かうべきベクトルがはっきりと見えてくる。切なくも歪んだ愛だとか、没落だとか。

カジノや安宿、高級ホテルのスイートルームなどでは奥行きがうまく利用された構図が目を引くし、序盤のカジノでのルーレットを回すシーンはヒッチコックも唸るようないい焦らし方、スリル満点でとてもよかった。ルーレットを回して球が鳴る音、そして美しい愛の調べ。

オープニングとエンディングがとてもお気に入りです。
ニースの海岸に沿って流れる景色の長回し。
ラストカットは、果たして闇の世界からの解放なのか、天使の世界への誘いなのか、こういうクラシック映画特有のぶったぎるようなスピード勝負のラスト5分の感じがやっぱり私は嫌いじゃないな!
いりー

いりーの感想・評価

4.7
なんたってジャンヌ・モローの名演技。何かにハマってしまう危うさって私にもあるし、そこを共有できる人との出会いって本当に救われるよなあ〜
バカンス映画、というにはあまりにも日常(成瀬の『浮雲』のよう)。男女がギャンブルばかりしているのだが、繰り返される主題の旋律が次第にイケイケドンドンから地獄への旋律に移調する。
砂利だらけの砂場のシーンで男が画面からイン/アウトする箇所の緊張感とか、ルーレットを見つめるジャンヌ・モローが咥えたタバコとか、鏡の使い方とか、『ローラ』もそうだけどスリリング。
この映画のジャンヌ・モローは、自分の愚かさとか成長できなさとか自覚はあるんだけど、それが救いになるわけでもなく、ラストも一応のハッピーエンドだけどその唐突さにそうは思えないところが意地が悪くて良い。
momokasato

momokasatoの感想・評価

3.5
銀座のメゾンエルメスにて鑑賞。

ニースの海岸の街を舞台に、ギャンブルに魅せられた元手堅い銀行員とブロンドの美女。二人のエレガントでちょっとワイルドな夏の逃避行を描いたはなし

ギャンブルにハマる人々の単純さと極端さを皮肉なユーモアを含みながら描いてて面白かった笑

二人が抱き合って一緒に街を出ようとする最後のシーン。ハッピーエンドで終わりながら、観てた誰もがこの後すぐ訪れるであろう二人の別れを想像できる笑

主人公のヘタレ具合が凄く好きだった。
nagashing

nagashingの感想・評価

3.5
ジャンヌ・モロー、ファム・ファタール的妖艶さよりもギャンブル依存のダメ人間っぷりが極まっておりかなり笑える。いくらなんでも強気すぎる賭けかたもヤバいし、息をはくようにつく嘘の無意味さもヤバいし、ギャンブルを正当化する屁理屈の洗練度合いもヤバい。ルグランのしゃれたスコアが「勝率100%のテーマ」と化してしまうのもなんか滑稽。上げて落とす展開の振れ幅の大きさも楽しい。オープニングの超トラックバック、ふたりが出会うシーンのなめショット、鏡の反射の多用などいちいち決まっているが、エンディングは親父に送金してもらった全額をつっこんで駅の待合室にふたりで寝る以外にありえないのでは? バーのスロットのごっついレバーとモローの細腕の対照性が妙に印象に残っている。
音楽がよかった
特に冒頭のシーンは印象的
ギャンブルは程々に
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.5
‪「天使の入江」‬
‪本作は白黒のコントラストを強調し映画に合う画調に仕上げてる。ドゥミは長年、運命の悪戯に出会う人々を描いている。本作もその一つで賭博による破滅を描くが奏でられるジャズが居心地良くする…オープニングのJ.モローが煙草を吸いながら突如出現し一気にバックへ疾走する演出は大好き!‬
KUBO

KUBOの感想・評価

3.5
ニースのカジノで知り合った男と女。ギャンブルは始めたばかりだが、鋭い勝負勘で勝ち進むジャン(クロード・マン)。ギャンブル依存症で有り金叩くまでやめられないジャッキー(ジャンヌ・モロー)。

クロード・マンが美しい。今で言えばエディ・レッドメインのような、ちょっと中性的な繊細な美しさ。

男を振り回す、本当にどうしようもない女なんだけど、それでも振り回されちゃうよね〜と思えるほどのジャンヌ・モローの魅力がすごい。

そしてジャック・ドュミと言えばおなじみのミシェル・ルグランの音楽も印象的。

素敵なロマンス映画だけど…

このふたり、絶対別れる!(^^)

(日本でもカジノの合法化が進められているが、こうやって1日で無一文になる人が出てくるんだろうなぁと、とても心配になる映画でもありました。)
Pigspearls

Pigspearlsの感想・評価

3.8
海外でカジノに誘われても付き合い程度のポーカーで終わり、ドラクエのカジノですら必要最低限しか立ち寄らない。

なので、堅物なイケメン銀行員クロードマンに感情移入しながら観始めたのですが、途中からは完全なファンタジーとして、ルーレットとジャンヌモローに翻弄される(たまに征服しようと奮闘する)彼の美しさをひたすら愛でる映画でした。

銀行、時計屋という閉塞的な秩序あるフラットな構図から、ニースの浜辺、ホテルの部屋、バー。。モノクロでもそれとわかる光射す開放的な世界へ。この対比はとても美しく、どちらでも拾われた毛並みの良い犬のようなクロードマンの立ち姿すべてが眼福。

ギャンブルに憑かれて荒んだ年増役のジャンヌモローは40半ばかと思ったら当時まだ35くらい。役柄を演じてるのか素なのか。なんにせよ「金持ちと貧困を同時に味わえるからギャンブルはやめられない」という彼女はあやうくて蠱惑的。清々しくまぶしく、そこにワンコのようについていくクロードも愛おしいし、応援したくなる。

ラストは拍子抜けしつつ、どうぞお好きに!と送り出す気分。ケ・セラ・セラ。

たまたま「今夜ロマンス劇場で」を続けて観て、どちらも王女と若い下僕ものwなんですが、おなじ人類なのに日本とフランスのファムファタル観は天と地ほど違うなー、とひとりニヤリ。
>|