天使の入江の作品情報・感想・評価

天使の入江1963年製作の映画)

LA BAIE DES ANGES

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:80分

3.7

「天使の入江」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

3.4
ヌーヴェル・ヴァーグの2大作家で夫婦のジャック・ドゥミとアニエス・ヴァルダ。シアター・イメージフォーラムの特集上映「ドゥミとヴァルダ、幸せについての5つの物語」にて鑑賞。

ジャック・ドゥミの長編第2作で、劇場正式公開は初。主演女優は2017年7月31日に亡くなったジャンヌ・モロー。出演作を見るのはフランソワ・トリュフォー監督の『突然炎のごとく』に次いで2作目。

この日は菊地成孔さんのトークショー付き。『シェルブールの雨傘』の資金作りもあって、ササっと撮った作品とのことで、物語もサクサク進む。

パリの銀行に勤めるハンサムな青年主人公。同僚にカジノに連れていかれ大当たりしたことからギャンブルにハマる。そして南仏リゾート、ニースの保養地“天使の入江”のカジノでブロンド美女と意気投合し、ギャンブルにのめり込んでいく。

現実から禁断のカジノへと逃避した、いわば失楽園した2人が愛により救済される物語らしい。マリリン・モンローよろしく頑張っているジャンヌ・モローが悪女にしか見えず、愛とか幸せというよりは、落ちるところまで落ちる方が似合っている気もするけれど…。

ルーレットで勝って負けてを繰り返し、合い間に2人でデートして、みたいなサクッとライトな感じがヌーヴェル・ヴァーグなのかな? 自分にはまだ良くわからない…。

●物語(50%×3.0):1.50
・愛とギャンブルへの熱狂のどちらが強いかみたいな。自分的には後者の方がリアリティがあったかな。

●演技、演出(30%×3.5):1.05
・カジノのシーンは好き。

●映像、音、音楽(20%×4.0):0.80
・ピアノが印象的。ジャズも良し。
いずみ

いずみの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ジャンヌモローのための映画だな…。内容は結構どうでもよくてわりとつまらない。ラストとか呆気なさすぎるというか無理やりすぎて、えーっていう感じだった。銀行員であるジャンとその同僚である友達、キャメルにギャンブルに誘われ、最初は麻薬みたいにハマってしまうのを恐れ拒否していた。しかしジャンもハマってしまい、そのことが父親にバレ、勘当されてしまう。一人、パリから離れ地方の安ホテルに泊まったジャンの一晩の話。そこでカジノ「天使の入江」でジャッキーと出会う。冒頭でモローを浜辺で歩かせ、それをカメラがぎゅいーんと後退する。ラストは二人の姿を徐々に後退させていく。最後も形勢逆転の立場。この冒頭とラストの引き合わせがうまかった。わりとカメラがよく動いていた。金のために、男をそれとなく利用し、最後には結ばれた感じだったが実際のところジャッキーはそのままなんだろうなぁ。
I

Iの感想・評価

3.6
カジノは贅沢も貧困も経験できる。

この種の女はみていて本当にイライラする。それをここまで忠実に再現しているのは称賛できる。
ぱさお

ぱさおの感想・評価

4.0
2017.11.5 下高井戸シネマ
堅実な銀行マンがギャンブルと破天荒でギャンブル中毒の美女にはまっていくお話。

ストーリーは割と筋書き通りといった感じでラストも呆気ないほどすんなりだがこれを観た後はカジノに行きたくなる。欲望に忠実で金持ちも貧乏も全力で満喫するジャンヌ・モローの姿は非常に魅力的
あんなに自由に生きられたら例え破滅してもいいのではないか

ジャック・ドゥミ監督は本当に女優の魅せ方がうまいな〜
カジノ中毒者と、真面目な家庭の青年のドラマ。

これが日本だと、一気にドロドロとした展開になるのに、向こうのは勝手も負けてもオシャレだなぁ〜と思ってしまった。
ルーレットでの勝った、負けたというシーンは、みてるこちらもつい「当たる?あたる?当たった!」と喜んだりがっかりしてしまったり。

ラストは、まだあと1回かけられるチップを持っていたのに、後ろを振り返らず去るジャンを追いかけていった辺りに、わずかな希望が見えたような気がした。
Marrison

Marrisonの感想・評価

2.7
綺麗な男優さんたちを愛でる仏映画、がそろそろ欲しかった私。冒頭からしばらくクロード・マンとポール・ゲールだけを(女優等に邪魔されず)追えて、充足感なかなか。
黒タイのスーツ姿でラストまで通しそうだった主役(ジャン役)クロードは、「眠る時もパジャマじゃなくスーツかしら」とまで想わせた端整さ。カジノでのビギナーズ・ラックのニカーッとした微笑、きらめいてた。
カジノ職員らの手さばきも、当然のことながら美。

変な女優さん一人が躍動し始めてからは、何だか強引映画になった。つられてわがクロードまで(あんまり笑わないし)個性が減退していった。
演技力・演出力のどちらが足りなかったのかわかんないけど、特に女性については賭博耽溺症のリアリティーが画面内に乏しかった。
ああいう場所に入り浸っちゃう人っていうのは、あんなにペチャクチャ喋らないものだと思う。弁解とか自己否定とかイチイチ聴きたくないし、もっと目の前の賭に集中しなきゃダメよね。しゃべくるとしても、もっと気だるげで若さが消えてる方がいい。
それに第一、ルーレット自体が単純かつ偶然性100%すぎて、惑溺するほどの面白味がない。パチンコ以下っぽい。競馬場・競輪場・競艇場で「行け行け行け行け行けーっ」と声援送ってる(なぜかたいてい前つば帽子かぶってる)日本のオジサンたちの方がはるかにロマン派かも。人生の楽しみ上手かも。……そんなことを勝手に思っちゃった。
ラスト、1000万ぐらいゲットして女が歓喜のあまりショック死するってのがよかったんじゃない?


余談。私、ずっと前に商店街の大売出しのガラポンで二つ続けて一等か二等当てて「キンコンカーン」鳴らしてもらって三等も当てて、いきなり計5000円分ぐらいの商品券もらったことある。係の人たちもびっくりしてた。お昼時だったから私、一人でそのまま商店街の中の商品券使える寿司屋に直行して、特上にぎり&お好み他種類を超お腹一杯食べて、「福引最高! これから一生、福引で勝ち続けてやろっかな」と幸せ一杯に帰宅したんだけど、わずか数時間後に吐き気がしてきて何度も下痢して、「寿司ネタにまで当たっちゃった」ことが判明。…………この世にはどんな墓穴が待ってるかわかんないので、それ以来、賭博類にはあまり係わらないよう気をつけてる。宝くじも買わない。
akane

akaneの感想・評価

3.0
嫌いなタイプの女が純情青年をたぶらかしてるのに途中までイライラしてたけど、二人とも振りきってるこういう人でしかない、という点でそこそこおもしろく観られた。
音楽は好き。

勘がわかれたならそれぞれ違うほうに賭ければいいのに。もっと細かく賭ければいいのに。
 恋愛モノと思っていたらまさかのギャンブルモノ!もうとにかくジャンヌ・モローが絵に描いたようなザ・クズで面白い。ホントにベッタベタの破滅的ギャンブラーなので展開の予想が容易なのが玉に瑕。「ギャンブルは貧困と裕福の両方を経験できるから面白い」「金のためにやってるんじゃないから」「今日はツいてる気がする」「もう絶対にやらない」、、、分かるけれど、分かるんだけれどその発想はもう完全に伊藤カイジ。「だらしない体を見るより賭博師を見ていたい」もうここまで突き抜けるとカッコいい。ラストはやや唐突で説得力に欠けるので拍子抜けしたが、そこそこ楽しめた。
休講になったから迷った末大して期待もせずに見たけど90分1000円の賭けに勝った。
>|