マルコヴィッチの穴の作品情報・感想・評価

「マルコヴィッチの穴」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

3.0
90年代を代表する作品、という触れ込みだけで見てみたのだが、他者への憑依による代理セックスの描写に既視感があり、そうだ『her』じゃないかこれは、と思いきや監督は同じスパイク・ジョーンズ。なるほどなるほど。また、他者への憑依時の主観の描写は後年の『エンター・ザ・ボイド』や『インサイド・ヘッド』とかでも同様の事例が見られており、影響を与えたのだろうか。マルコヴィッチがマルコヴィッチの穴に入った時のメタ描写がいささか物足りない。
tapir

tapirの感想・評価

3.5
ぶっ飛んだ内容が面白いと思いました。

この発想力とマルコビッチさんの演技にも注目です。
映画JP

映画JPの感想・評価

4.0
15分2万ドルで俳優になれる!?
赤足

赤足の感想・評価

3.2
マルコヴィッチ!?
マルコヴィッチ?
マルコヴィッチ!!!?

長い長い映画史を見回してもここまでぶっ飛んだ作品は世界広しといえども多分この「マルコヴィッチの穴」くらいじゃなかろうかと思わせるほどの摩訶不思議ワールドである。脚本のチャーリー・カウフマンと監督のスパイク・ジョーンズといういわば危険因子と危険因子のまぜるな危険的な2人が出会い作られた本作品だから、さー大変!作品のジャンルもどの部類にも当てはまらないある意味、映画史に新しい1ページを刻んだ作品なのだ。ストーリーはビルの7階と8階の間にある½—階にあるオフィスに俳優マルコヴィッチに繋がる穴を発見し!誰でもその穴に入ると15分だけマルコヴィッチになれるという奇妙すぎる世にも奇妙な物語!物語自体、前半は濃すぎる世界観と驚きにより圧倒されてしまうのだが、後半と終盤は少しインパクトが薄れてしまうものの、こんな頭のおかしい脚本を作品化したことにある意味敬意を払いたい、ある意味、映画史に残る画期的な作品のため。そしてかなりクセの強い作品のため見る人を選ぶので鑑賞する場合はご注意を⚠︎
プロローグの操り人形、幻惑的でよい。ショーンペン、ブラッドピット等がカメオ出演している。
みう

みうの感想・評価

3.5
シュールで笑えるところもあるけど、基本ホラー...

設定は面白くて笑えそうやのに闇が深過ぎて、途中から苦しくなってく

最後も後味が悪い...

でもファンタジーでブラックな雰囲気がかなりつぼ
tomtomcafe

tomtomcafeの感想・評価

4.0
ジョン・マルコヴィッチの頭の中に入れる穴、をテーマにした作品。
展開がまったく予想できず、唯一無二の脚本だと思います。
特きジョン・マルコヴィッチ役にジョン・マルコヴィッチ本人が出演していて、ジョン・マルコヴィッチ本人がジョン・マルコヴィッチの頭の中に入れる穴に入るシーンがサイケデリックすぎて忘れられません。
くぼ

くぼの感想・評価

3.5
わたしも穴に入りたい
生きることへの妄執が
滑稽で薄気味悪く、またおかしい。
もしもの世界だね、評価を期待してみたら期待外れ!?
>|