マルコヴィッチの穴の作品情報・感想・評価

「マルコヴィッチの穴」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

3.0
90年代を代表する作品、という触れ込みだけで見てみたのだが、他者への憑依による代理セックスの描写に既視感があり、そうだ『her』じゃないかこれは、と思いきや監督は同じスパイク・ジョーンズ。なるほどなるほど。また、他者への憑依時の主観の描写は後年の『エンター・ザ・ボイド』や『インサイド・ヘッド』とかでも同様の事例が見られており、影響を与えたのだろうか。マルコヴィッチがマルコヴィッチの穴に入った時のメタ描写がいささか物足りない。
ででん

ででんの感想・評価

3.5
マキシーンが主人公!
まず発想がおもしろい…!
どんどん世界が捻れていくが視覚的に感情が表現されてて見やすい。(人形やら檻やら)
前情報なしで見た方がいい。





(ネタバレちっくな感想)

穴は装置にすぎず、本質的には
世と外れた常識を貫くマキシーンに踊らされる映画だった印象がある。

その特徴として彼女は全く穴に入っていかないのが挙げられる。これは自分を持ってるから入る必要がないからだと思う。
ちょっとでも思い浮かんだアイデアって自分でボツにせず、広げていくと面白くなっていくかもよ、と教えてくれたような気がした映画だよ。
キヌヨ

キヌヨの感想・評価

4.5
なんじゃこりゃ笑
さすがスパイク・ジョーンズ
わけのわからないエロス


ーーーーーーー
実在の俳優、ジョン・マルコヴィッチの脳内に15分間だけ入り込める、大分頭おかしいコメディ映画
マルコヴィッチファン垂涎
とまと

とまとの感想・評価

3.8
夢見てるみたいな映画だった(幻想的とかいう意味じゃなくて設定がとんでる)
うける
ワト

ワトの感想・評価

-
センス良いぶっ飛んだ穴の話。
99年のセンス、。

2017年9月13日
7と1/2階にて穴、マルコヴィッチへ

中にいたから私とあなたの子供」
マルコヴィッチたち」
ってとこ

2017.9.13
>|