フレンチ・コネクションの作品情報・感想・評価

「フレンチ・コネクション」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.8
「フレンチ・コネクション」
原題「The French Connection」
1972/2/26公開 アメリカ作品 2018-029
アカデミー賞作品賞再鑑賞シリーズ
1972年第44回 アカデミー賞作品賞

監督ウィリアム・フリードキン、主演ジーン・ハックマン、ロイ・シャイダー、フェルナンド・レイ共演による刑事ドラマの傑作です。
特に中盤以降のジーン・ハックマン演じるドイル刑事の尾行から一気に盛り上がりますね。そして映画史に残るポンティアック・ルマンでのカーチェイスは迫力満点!!
ラストは少しスッキリとしませんが、実際の事件がモデルになっている以上しかたないですよね。監督のウィリアム・フリードキンが「ドキュメンタリー・リアリズム」の手法を本作品に取り入れたが故ですね。
そして、音楽。効果的に盛り上げているドン・エリスの音楽も印象に残りますね!

原作はロビン・ムーアによる同名のノンフィクション小説。第44回アカデミー賞に8部門でノミネートされ、作品賞、 監督賞、 主演男優賞、 脚色賞、編集賞の5部門を受賞した。ニューヨーク、麻薬密売ルートを探るポパイことドイルと相棒のラソー両刑事は、マルセイユからやってきたシャルニエの尾行を開始。強引な捜査を行なうドイルは逆に命を狙われることになり……。ニューヨーク市警の刑事ふたりが繰り広げる決死の捜査を描いたサスペンス・アクション。高架線下のカーチェイスは映画史に残る名場面となった。
スタイリッシュな刑事が登場するわけではありませんし、知的な推理が行われることもないんですねえ。
洗練とは対極の男たちが、埃っぽい空気感の中で追跡劇を繰り広げるだけ。

しかしながら、この泥臭さがかっこいいんですねえ。
すぬぴ

すぬぴの感想・評価

3.4
古い感じしない
ネット

ネットの感想・評価

3.7
面白かったと記憶している。盗聴に成功してロイ・シャイダーと一緒に喜ぶ瞬間がなぜか忘れられない。
電車追っかけっことか、生々しいカーチェイスとか。
映画の喜びてんこ盛り
ぺ

ぺの感想・評価

4.0
こんなにカッコいいカーチェイスあっていいのか。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.0
結局解りやすいストーリーなんだけど、最初は解りにくいなー。カーアクション・逃走に終始していて、でもあんまり迫力なかったかな。一応 2も観るつもり。
ブルックリンは治安が悪いなあ。
>|