フレンチ・コネクションの作品情報・感想・評価

「フレンチ・コネクション」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.8
「フレンチ・コネクション」
原題「The French Connection」
1972/2/26公開 アメリカ作品 2018-029
アカデミー賞作品賞再鑑賞シリーズ
1972年第44回 アカデミー賞作品賞

監督ウィリアム・フリードキン、主演ジーン・ハックマン、ロイ・シャイダー、フェルナンド・レイ共演による刑事ドラマの傑作です。
特に中盤以降のジーン・ハックマン演じるドイル刑事の尾行から一気に盛り上がりますね。そして映画史に残るポンティアック・ルマンでのカーチェイスは迫力満点!!
ラストは少しスッキリとしませんが、実際の事件がモデルになっている以上しかたないですよね。監督のウィリアム・フリードキンが「ドキュメンタリー・リアリズム」の手法を本作品に取り入れたが故ですね。
そして、音楽。効果的に盛り上げているドン・エリスの音楽も印象に残りますね!

原作はロビン・ムーアによる同名のノンフィクション小説。第44回アカデミー賞に8部門でノミネートされ、作品賞、 監督賞、 主演男優賞、 脚色賞、編集賞の5部門を受賞した。ニューヨーク、麻薬密売ルートを探るポパイことドイルと相棒のラソー両刑事は、マルセイユからやってきたシャルニエの尾行を開始。強引な捜査を行なうドイルは逆に命を狙われることになり……。ニューヨーク市警の刑事ふたりが繰り広げる決死の捜査を描いたサスペンス・アクション。高架線下のカーチェイスは映画史に残る名場面となった。
mimo7391

mimo7391の感想・評価

3.8
撃ちまくるからなんだかスッキリ。久しぶりにみたけどなんかいいなぁこの懐かしい感じ。
おけい

おけいの感想・評価

4.0
過去の鑑賞記録
刑事もの犯罪アクション。
ジーンハックマンが好きで、ジーンハックマン出演作品を追いかけて観てた時期に鑑賞。もう20年以上も前かい…。この作品でアカデミー主演男優賞をとったジーンハックマンが最高によい。凄くリアルな演技が印象に残っている。昔観た映画の中で観返したい数ある作品の中の一つ。
aaaaa

aaaaaの感想・評価

3.6
アカデミー賞受賞作品。ジーン・ハックマン、ロイ・シュナイダー主演。

全編ドキュメンタリータッチの刑事物で、バディアクションのルーツとも言える作品。
麻薬シンジケートを追う2人の刑事の物語。

主人公のポパイ刑事の傍若無人っぷりなんかは、今の時代じゃ大問題になりそうだし、
全編不穏なBGMで殺伐とした雰囲気。
地下鉄の追跡シーン辺りからボルテージが上がっていき、地下鉄の高架下を激しいカーチェイス! 本当にギリギリな撮影だったんだろうなという苦労が伝わる。
CGも特撮もない時代だし、よくここまで撮れたなと感心する。

スカッと爽快!という作品では無く、後味もあまり良くない。これがアカデミー賞?という気もするけれど、全編を貫くサスペンス溢れる緊張感はさすが。
どちらかと言うと通好みの作品だけど、
興味がある方は是非!
SAKAS

SAKASの感想・評価

-
追走劇、すんごくハラハラしました!
カーチェイスのシーンとか
あと全力疾走する人の躍動感とか
疾走する電車シーンも

絶叫上映でしたら間違いなく
ウワーーーうげゃーーーと言ってたろうな
1人家で言いましたもん
思い出してもぞくぞくします

画が煽ったり奥に尾行してまーす
てズームしたりアウトしたりで見せてたりすごくセンスフルでした

豪腕刑事のポパイと相方のバランスも良かった

画質の年代もすごくいいんだよなぁ
やっぱり名作は名作たる所以がありますね〜

ええーー!の終わりでしたけど凄くいいもの観れました良き良き

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2人の刑事が

アメリカーフランス経由《フレンチ・コネクション》の麻薬取引をしょっ引くために奔走

執念で追い詰める追い詰める...その顛末は!?実話(だよね^^;)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。
YF

YFの感想・評価

3.6
事実に基づいているからなので、最後はちょっとえーって感じになるけどしょうがない。時間もそんなに長くなくて見やすい。
daichi

daichiの感想・評価

3.8
かっこいい
sorahi

sorahiの感想・評価

2.0
ぽかーん

1972年のアカデミー作品賞。
時代に耐えられない名作もあるのね。

私の頭に残ったのは、終止流れるストリングスの不協和音だけでした。

有名なカーチェイスシーンも、当時こそ凄かったのかも知れませんが、最近のと比べるといかにも迫力不足。これはまぁ、仕方がないですけどね。
じゃあ、他にこの作品の売りって何なんだろう。

意地悪な私は、最近の話題作たちの50年後の評価について考えてしまいました。
>|