あんぬ

ピーター・パンのあんぬのレビュー・感想・評価

ピーター・パン(1953年製作の映画)
4.1
物心ついたときから絵本でもアニメでも観てる作品。
ディズニーが自分に与えてくれたイマジネーションの能力、それを組み立てた大きな構成要素の一つだと思う。
曲も最高。"子ども"の瞬間って人生で一瞬。でも忘れないでいたい。曲きいただけで尊くて泣いてしまう。

ネバーランドって本当に不思議な空間だ。
私もウェンディのように、ここに、ずっとネバーランドにいるわけにはいかないって感じた。でもネバーランドに行ったことがある人生と、行ったことがない人生は全く違うものになっただろう。

小さいころは物事の良し悪し・精神の成長とは何か?とかわからないで観てた。
幼稚園のときはティンカーベルはなんでここでピーターパンに怒るんだろう?って思ってた。子どもながらにめっちゃ考えたけどわからなかったし。フック船長の手がワニに食べられたこともさほどリアルに感じてなかった。
でも今考えると登場人物たちの心の動きは以前よりも読めるようになったし、受け取り方が変わったってことがわかる。私、大人になったぞ!