krishna

フレンチ・ランのkrishnaのレビュー・感想・評価

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)
3.4
題名はもう『ミッドナイトラン』からパクったとしか思えない。これは日本の配給会社の質の低下か?『バスティーユ・デイ』っていう素晴らしい題名が有るのに。こねくり回して要らん題名付けるとは。

内容はダイハードの1と2を足して2で割った感じ。これは言い方とかでは無くホントにそう。白黒バディ、テロリスト、強盗、はみ出し者、キーワードがバッチリ。ただ感じだけ。しっかりした脚本で展開も上手い(早い)のでちゃんと違うしっかりした映画になってる。オチへの持って行き方も上手い。
主人公のブライヤーが物凄く格好良く撮れている。アクションとコメディのバランスもいい。
感動とかは与えられないかもしれないけど、普通に『楽しい映画』としてオススメ出来る。


90年代前半はにこんな感じの映画が、いっぱいあった。
学生だったこともあり、貪り観たし、もう、どんな映画を観ても楽しかったしアタリだった。

しかし、土曜日の渋谷で俺を含めて5組。こんないい映画なのに悲しいわ。