フレンチ・ランの作品情報・感想・評価・動画配信

「フレンチ・ラン」に投稿された感想・評価

「こうゆうちょっとおもしろいくらいがちょうどいい」という映画がかなり大好物な自分ですが、これはイマイチでした。
sima

simaの感想・評価

4.0
スリの腕
まお

まおの感想・評価

3.5
「嘘つく時左を見る癖直したほうがいいぞ
14,5の時ポルノ雑誌とブリトニーのCDを万引き
親父さんの車を乗り回して廃車に追いやった
衝動的で洞察力の欠如あり
再犯まっしぐらなタイプだ
「そっか…
でも他人に冷たいのはいかがなものかね
無茶で反抗的で無責任
暴力に頼りっきりなのは良くないよ
ほら、懐ガラ空き
ところでチームなのに俺に銃はくれないの?
「次スッたら脳天ブチ抜くからな
俺とお前も変わらないんだ


アクションも見やすい

すっきり
可もなく不可もなく。
Choco

Chocoの感想・評価

3.1
ちょっとよくわからんかった…
あんまりハマらんかったな〜
ちゃんと観れんかったけん機会があって暇だったらもう一回観ようかな〜
ai

aiの感想・評価

3.8
CIAのアウトローとスリがコンビを組んでパリを駆け巡り事件を解決していく話。
凸凹コンビ二だけどお互いの役目がうまく活かされていたと思う。特にこれといった山場はないけどアクションもそれなり多くて楽しめるはず。
ks

ksの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

己の信念を貫くため命令違反しがちなCIA捜査官と天才的スリ犯が事件解決までコンビを組まざるをえなくなる話。

捜査官ブライアー(イドリス・エルバ)は登場シーンからきまってた。ガラスに映るぼやけた人のシルエットにスッとピントが合って、ブライアーの顔がはっきり現れるのがとてもカッコいい。

スリの腕は超一流のマイケル(リチャード・マッデン)。ある日盗んだ獲物が爆弾で、爆発物をしかけるつもりだったテロ犯と、ブライアーの両方から追われる羽目に(ブライアーには捕まる)

パリの屋根上(高いよ!下見たらめっちゃ高いよ!)で追いかけっことか、次々盗む品物であっという間に変装完了するマイケルとか、蓋を開けたら黒幕はものすごく近くにいたとか、全体的にちょっとどこか懐かしい感じ。
でもピースがはまるべきところでバチッと嵌ってくれるので気持ち良いです。

黒幕のやり方(イスラムの人たちがテロを企てたとでっち上げ)は流石事情を熟知してるだけあるけど本当に汚い。
悪に手を染めた者は何でもやる。
ブライアーはそういうプライドの無さが許せない人間だったので、単身犯人たちのところに乗り込んでゆく。

「ひょんなことからバディ」が大好きなのでラストのやり取りにはニコニコしました。
Koki

Kokiの感想・評価

3.8
主演のイドリス・エルバの男らしさに終始惹かれました。アクションシーンが多めですが、所々ユーモアある場面も観られます!全体的に面白い作品なのですが、少し内容の理解に苦労する場面もありました。
サイ

サイの感想・評価

3.4
7代目ボンドの候補ということで鑑賞。映画自体はライトなストーリー。

彼がボンドでも面白そうと思う一方で、横暴な役柄ながら良い人感が溢れていて、捻くれたボンドを演じるには、真っ直ぐ過ぎるのかも…。

ただ、この映画の、義理がたく体育会系感あふれる主人公は魅力的。
>|