フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

Bastille Day

上映日:2017年03月04日

製作国:
  • フランス
  • アメリカ
  • / 上映時間:92分
    監督
    ジェームズ・ワトキンス
    キャスト
    イドリス・エルバ
    リチャード・マッデン
    ケリー・ライリー
    シャルロット・ルボン
    ローラ・ヒダリ
    ジョゼ・ガルシア
    エリック・エブアニー
    あらすじ
    パリ、革命記念日前夜、市街で爆弾テロが発生。容疑者として浮上したのは、スリの若者マイケル。捜査を担当することになったCIA捜査官ブライアーは、イラクで命令を無視し、テロリスト6名を射殺した当局きってのアウトロー。いち早くマイケルを確保したブライアーは、彼が無実であることを感じ取る。ブライアーはマイケルの抜群のスリテクニックを買い、自らの無実を証明するために、捜査に協力することを持ちかける。誕生した“CIAとスリ”による前代未聞のコンビは、真犯人を探すため、パリの街を疾走する!そして、「36時間後の革命記念日にパリの街を制圧する」という犯行声明が出たことから、事件はフランスの国家的危機へと発展していくー。真犯人は誰なのか?事件に隠された巨大な陰謀とはー?

    「フレンチ・ラン」に投稿された感想・レビュー

    ロック
    ロックの感想・レビュー
    2017/04/20
    3.5
    この満足感!
    雑なストーリーを差し引いても、アクションの良さはとても魅力的に映ります☺

    重ためで切り返しの速い、身体を張ったアクションにこだわりを感じました!
    skm818
    skm818の感想・レビュー
    2017/04/17
    3.7

    このレビューはネタバレを含みます

    うーん、しょうもない話だが、これ結局テロはなかったということでいいんだよね? 全ては特捜隊長の仕組んだ自作自演のマッチポンプで、目的は国立銀行から大金データを盗み出すこと。それだったら、何もそこまで入り組んだことしなくても、犯罪予告があったので警備に行くとかでもいいんでは?と思うのだが、やはりことを大きくしないとなかなか特捜隊までは出番が回ってこないということなのだろう。
    あの局長は首謀者っていうよりも、分け前をもらうことを条件に協力してた感じか。で、局長の部下たちは特捜隊が犯罪集団だとは知らないわけですよね。
    で、一方にはCIA。テロ犯と間違えられた手練れのスリ。このスリだという設定がちゃんと展開に生かされているのは良かった。
    あのバッグ持ってたゾエという子は、元々はサヨク活動家なんだけど、活動家を装ったパスカル(実は特捜隊のメンバー)を好きになって言われるがままに爆弾を仕掛けようとしたってわけか。右翼を脅かすだけとかなんとか言われて。でもそれは移民のせいにされて、特捜隊がモスクを強制捜査、でっち上げ、それに移民や活動家や良心的な市民が怒って暴動、そんでまた特捜隊がっていうマッチポンプ。警察がひどいとなるとすぐにデモや暴動になるのはさすがフランスだよなあ。
    CIAのカレンとガミュー局長は結構親しげだったが、これはデキているとかじゃなくて、普段から場合によっては協力体制を取っていて、カレンは連絡係ってことなんだろう。カレンといい、パスカルといい、ちょっと邪魔になったらすぐに殺してしまうガミューも特捜隊長ももう狂ってるとしか。
    スリだって犯罪だしスマホやパスポート盗られた人は困っていると思うが、そんなもん大した悪ではないのだなと思わせてくれる。それでも多分実際に旅行中だったり生活してて迷惑なのは、大規模銀行強盗よりもスリや道路を占領するデモ隊のほうだったりするんだけど。大規模銀行強盗よりもその手段として移民をダシにしてるところが特捜隊やガミューらの悪の最たるとこかもしれない。
    きょん
    きょんの感想・レビュー
    2017/04/16
    -
    結構、好きだけどなぁ、私!
    風の旅人
    風の旅人の感想・レビュー
    2017/04/14
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    フランス革命記念日の前夜。
    パリ市街地の広場で群衆から歓声が上がる。
    その視線の先には階段をゆっくり下りてくる全裸の女性の姿があった。
    群衆は女性に視線を奪われ、隙だらけ。
    そこに男が現れ、スリを働く。
    女性は男が仕掛けたミスディレクション(視線誘導)だった。

    この冒頭のシーンが素晴らしい。
    観客の物語への期待感を高め、かつ主要人物を鮮やかに登場させている。
    彼ともう一人の主要人物であるアウトローCIAとのやり取りが笑える。
    ぜひ続編を作ってもらいたい。

    パリを舞台にしたフランスのCIAものと言えば、『96時間』『パリより愛をこめて』が思い出させる。
    フランスのCIAものはハリウッドのような派手さはないが、地に足が着いたリアリティがあって好きだ。
    ただこの邦題はいただけない。
    物語内容を何も表していない。
    原題の『Bastille day(フランス革命記念日)』の方がよかった。
    作中の事件は「フランス革命記念日」をミスディレクション(視線誘導)に使ったものなので。
    キャスバル
    キャスバルの感想・レビュー
    2017/04/13
    3.8
    『フレンチ・ラン』鑑賞。ストーリー的にはシンプルかつ定番のB級バディものだが、一匹狼なCIAアウトローとプロのスリが組むギャップと適度なアクションが意外と楽しめた。欧州でテロが続発している昨今、パリでの爆発テロや政府側の対応、それに不満を持った市民デモ等、フィクションとは思えないリアリティも感じた。
    生茶
    生茶の感想・レビュー
    2017/04/12
    -
    2017年31本目
    フリーズ
    フリーズの感想・レビュー
    2017/04/12
    3.0
    期待値を下げていたものの、定番のようでもありますが、面白かったです。もう少し悪役が強かったり、ひどいことしたりすれば、スリリングになったとは思いますが、期待通りの展開でスッキリしました。このタイプの映画、結構好きです。
    Arro22Lover
    Arro22Loverの感想・レビュー
    2017/04/03
    3.6
    この作品、firmarksでの初日満足度が高いとして記事になってて、それがきっかけで観たんですよね!

    おもしろかった!

    凸凹な二人のやりとりに「ふふっ」とさせられ、早いテンポでフランスの社会問題にがっつり引き込まれ、丁寧なアクションに唸らせられます

    ちょうど『フランス特殊部隊 GIGN エールフランス8969便ハイジャック事件』を観た後だったので、国家憲兵隊への補償金うんぬんの話もわかったし単なるアクション映画以上に楽しめました

    原題も面白いですよね

    なによりイドリス・エルバかっこええな。
    切り身ちゃん
    切り身ちゃんの感想・レビュー
    2017/04/01
    3.5
    •ストーリー★★★★☆
    •萌え★★★★☆
    •キャラ★★★☆☆
    •娯楽度★★★★☆
    •マイケルって○○だよね?度★★★★★

    安心安定の娯楽アクション映画文法を基盤に、移民などの社会問題を扱っていて、それがまた良い味を出している。
    主役二人の他に、もうひとりメインキャラの女の子が良い動きをしているのも好み。
    余計な恋愛要素がないのもうれしい

    ところでマイケルってどうみても○○○○ですよね?○○ですよね???
    家畜人六号
    家畜人六号の感想・レビュー
    2017/03/30
    3.7
    大男の黒人のCIA捜査官と小柄な白人のスリのコンビは「48時間」の人種を逆にしたみたいで、ラストでも同作を元にしているのを示す一種の目くばせのようなシーンもある。

    バティものというのはアメリカ産のような気もしていたが、もちろんそんなことはなくて十分どこの国でも通用する形式だが、国が変わると何より出演者がもっぱらイギリスかフランスかの出身のせいもあって、ハードなアクションがふんだんに盛り込まれても、アメリカ産とちょっとづつテイストが変わる。

    テロが起きて以来世情騒然としているパリを舞台にして、屋上の追っかけでおなじみの形の屋根を生かしたり、クライマックスにちょっとバスチーユ陥落のイメージを重ねたりしているのも細かい。観光地を外したフランスロケの効果が大きく、エリートとそれ以外との溝が自然に描けている。

    テロを背景にしながら深入りしすぎて複雑にならないように「ダイ・ハード」一作目の線にとどめているのも巧妙。

    イドリス・エルバの無骨なタフガイぶり、リチャード・マッデンのフットワークの軽さのバランスがよく、ヒロインのシャルロット・ルボンがかわいい。