フレンチ・ランの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

フレンチ・ラン2015年製作の映画)

Bastille Day

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:92分

3.5

あらすじ

パリ、革命記念日前夜、市街で爆弾テロが発生。容疑者として浮上したのは、スリの若者マイケル。捜査を担当することになったCIA捜査官ブライアーは、イラクで命令を無視し、テロリスト6名を射殺した当局きってのアウトロー。いち早くマイケルを確保したブライアーは、彼が無実であることを感じ取る。ブライアーはマイケルの抜群のスリテクニックを買い、自らの無実を証明するために、捜査に協力することを持ちかける。誕生し…

パリ、革命記念日前夜、市街で爆弾テロが発生。容疑者として浮上したのは、スリの若者マイケル。捜査を担当することになったCIA捜査官ブライアーは、イラクで命令を無視し、テロリスト6名を射殺した当局きってのアウトロー。いち早くマイケルを確保したブライアーは、彼が無実であることを感じ取る。ブライアーはマイケルの抜群のスリテクニックを買い、自らの無実を証明するために、捜査に協力することを持ちかける。誕生した“CIAとスリ”による前代未聞のコンビは、真犯人を探すため、パリの街を疾走する!そして、「36時間後の革命記念日にパリの街を制圧する」という犯行声明が出たことから、事件はフランスの国家的危機へと発展していくー。真犯人は誰なのか?事件に隠された巨大な陰謀とはー?

「フレンチ・ラン」に投稿された感想・評価

nuts

nutsの感想・評価

3.5
よくあるストーリー展開とスリル満点な作品で気軽に観れる。
時間も長すぎないからダラダラしてない。

あんな感じでスリやられたら恐怖しかない💦

2018-81
ヒロ

ヒロの感想・評価

3.5
DVD鑑賞。原題は「バスティーユ・デイ」=パリ祭。何故かフレンチ・ランになったこの映画🇫🇷無鉄砲なCIA局員とスリの凸凹コンビで贈るエンターテイメント。もしかしての続編?を思わせる終わり方でしたがあるのかな?意外に面白かったですよ😄
そこそこ ストーリーも良く見れました
スリ と はぐれデカ のコンビをもっと押せば良かったかな?
ヒロイン? のスタンスがビミョーですな
しゅん

しゅんの感想・評価

3.0
<革命記念日前夜のパリ。CIA捜査官ブライアーはテロ事件の容疑者にされたスリ師を助け真相を明らかにしようとするがアクション映画>

硬派寄り善悪バディ。
目新しさはないけど今風かつ手堅くまとまってる。
せっかくフランスでやるならもっとドラマ増やしても面白かったかも。アクションもいいバランスだし。もちろんこのテンポの良さもいいんだけど。

次期ジェームズ・ボンド役が噂されるI・エルバのアクションも様になってた。掴みの屋上チェイス楽しい。
一番良かったのは相棒のスリシーン。流れるような華麗さで気持ちいい、もっと見たかった。

日本人パスポート盗まれ過ぎ、平和ボケ。
choco

chocoの感想・評価

-
のんびりと楽しめるバディーモノでサラッと観れるトコが良いね〜。
Scott

Scottの感想・評価

4.2
移民問題を巧みに取り入れていたが、犯人側の動機が弱い気もする。
2人の組み合わせは面白い。
冒頭から前半にかけてはリュック・ベッソンが00年代にプロデュースのみ担当していた作品群にあったような独創性やスピード感あるアクションになるかと期待したけれど、徐々に平均的なバディ・ムービーに落ち着いてしまった感がある。

本題に入るきっかけが小規模とはいえ爆破テロというのも、娯楽映画としては若干重いなぁと思いながら観ていた。
コロン

コロンの感想・評価

3.8
イドリスとリチャードのバディは軽快。フランス警察から抗議が出るくらいの腐敗ぶり。
理屈抜きで面白い娯楽映画!

スリのマイケルは、凄腕のスリ。
このスリの技が半端ではなく、ロベール・ブレッソン監督『スリ』の鮮やかなスリ手口を思い出させる。

このスリ男マイケルが、ある美人女性からスった鞄に爆弾が入っていて、マイケルはテロ犯として手配される。
このテロ犯を捕まえるべくCIAの黒人凄腕CIAブライアーが追跡するが、物語は意外な方向へ。。。
豆

豆の感想・評価

5.0
イドリスエルバがかっこよかった…
展開は読みやすかったけど、最後まで楽しく見れて元気が出る映画だった。
規模がどんどん大きくなっていくからびっくりした