フレンチ・ランの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

フレンチ・ラン2015年製作の映画)

Bastille Day

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:92分

3.5

あらすじ

パリ、革命記念日前夜、市街で爆弾テロが発生。容疑者として浮上したのは、スリの若者マイケル。捜査を担当することになったCIA捜査官ブライアーは、イラクで命令を無視し、テロリスト6名を射殺した当局きってのアウトロー。いち早くマイケルを確保したブライアーは、彼が無実であることを感じ取る。ブライアーはマイケルの抜群のスリテクニックを買い、自らの無実を証明するために、捜査に協力することを持ちかける。誕生し…

パリ、革命記念日前夜、市街で爆弾テロが発生。容疑者として浮上したのは、スリの若者マイケル。捜査を担当することになったCIA捜査官ブライアーは、イラクで命令を無視し、テロリスト6名を射殺した当局きってのアウトロー。いち早くマイケルを確保したブライアーは、彼が無実であることを感じ取る。ブライアーはマイケルの抜群のスリテクニックを買い、自らの無実を証明するために、捜査に協力することを持ちかける。誕生した“CIAとスリ”による前代未聞のコンビは、真犯人を探すため、パリの街を疾走する!そして、「36時間後の革命記念日にパリの街を制圧する」という犯行声明が出たことから、事件はフランスの国家的危機へと発展していくー。真犯人は誰なのか?事件に隠された巨大な陰謀とはー?

「フレンチ・ラン」に投稿された感想・評価

シャルロット ルボンという美しい女優さん発掘♡

このレビューはネタバレを含みます

ブライアーがすっっっごいイケメンで惚れた!!!!CIAってすごいなぁ…
最初は険悪な2人がだんだん良いコンビになっていくのは見ていて楽しいです。

マイケルも最初は常に八の字眉だったのがいつのまにかすごいかっこよくなってて、もうこのコンビ最高かよ!!って思える作品でした。
簡単に言うとアメリカとフランスの対立。
CIA対フランス警察の図で進んでいく物語。
そこに一般人で爆弾を右翼施設に置いてくるはずだったゾーエとスリでその爆弾の入ったバッグをマイケルが盗んで巻き込まれるといったお話。

シンプルで分かりやすいので、何も考えずに見てた。
mameji

mamejiの感想・評価

3.8
めちゃくちゃありきたりな展開でありきたりな作品かもだけどやっぱりこういう雰囲気の作品は何も考えずハラハラして観れるからいいな。
padawan

padawanの感想・評価

3.0
ゾーエが素人なのに、強すぎる!
なにも考えずにサクサク観れる!
特殊部隊がちゃんと特殊部隊している
それだけで価値がある作品です(笑)
あまり多くは語りませんが、終盤のライオット・シールドを構えて銃撃戦する所が物凄く良い‼️
(注)この作品は特殊部隊物ではないです

主役は、スリと刑事という、水と油の様な関係の二人ですね

鑑賞する前は、バディ物としてどうなんだ?と不安でしたが、この対極の位置にいる二人を上手く描いている作品です

戦闘は任せろ‼️な刑事に対し、戦闘は苦手だけどスリなら天下一品‼️な二人が本当に良い塩梅です

どちらが欠けても解決不能、持っているスキルが違うからこそ、お互いのキャラを立てることが出来る

良い、物凄く良い…
もう皆さん観ましょう(笑)

バディ物としてかなり出来が良いので、アクション好き以外の方にもオススメ出来る一本です(*・ω・)ノ
観ました。

こういう刑事と犯罪者コンビアクションはいろいろあるけどやっぱり好き。
ド定番のアクション映画。

正直、ド定番を地で行き過ぎて、数週間前に観たのに内容が…うろ覚えです笑

めちゃくちゃに面白い、とかめちゃくちゃにハードで気分爽快、とかいうものでは無いですが、誰が観ても大きく外れることは無いかな、という作品。
kaname

kanameの感想・評価

3.0
テロ予告されたパリを舞台に、はぐれ者のCIA捜査官とスリの天才が、事件解決に向けて奔走する姿を描いた物語。

コンビネーションを駆使した捜査をする訳でもなければ、これといって男の友情が芽生える訳でもない…実に不思議なバディ映画w

雑な陰謀話はともかく…サクサク進むテンポの良い展開が見やすかったという感想かな。
感想川柳「剛と柔 バランス取れた 組み合わせ」

予告が気になって観てみました。(゜ρ゜)

革命記念日前夜のパリ市街で爆弾テロが発生。過去に命令を無視してテロリストを射殺したこともある、CIAきってのアウトロー捜査官、ブライアーが捜査を担当することになる。ブライアーは早速、容疑者として浮上したスリの若者マイケルを確保するが、マイケルが犯人ではないことを感じ取る。マイケルのスリの腕前を買ったブライアーは、無実の証明のために捜査に協力するよう持ちかけ、マイケルもそれに応じ、2人は真犯人を探してパリの街を駆けめぐる…というお話。

予告から面白そうでしたが、やっぱり面白かったです(*´ω`*)伏線もそこまで複雑じゃないし、アクションとのバランスも良くてフツーに楽しめる作品です。

アクションは基本的にもみくちゃ系(;・∀・)イドリス・エルバがほぼ1人で暴れる感じで、スマートにやっつけるところもあります。顔といい体格といいエージェントアクション向きですね。

マイケルの神業スリと状況把握能力とのコンビはなかなかなので、続編があってもいいくらい。(^○^)正に「剛」と「柔」の組み合わせ。

ゾーエ役の子見たことあるなと思ったら、ザ・ウォークに出てましたね。( ̄ー ̄)