フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

Bastille Day

上映日:2017年03月04日

製作国:
  • アメリカ
  • フランス
  • / 上映時間:92分
    監督
    ジェームズ・ワトキンス
    キャスト
    イドリス・エルバ
    リチャード・マッデン
    ケリー・ライリー
    シャルロット・ルボン
    ローラ・ヒダリ
    ジョゼ・ガルシア
    エリック・エブアニー
    あらすじ
    パリ、革命記念日前夜、市街で爆弾テロが発生。容疑者として浮上したのは、スリの若者マイケル。捜査を担当することになったCIA捜査官ブライアーは、イラクで命令を無視し、テロリスト6名を射殺した当局きってのアウトロー。いち早くマイケルを確保したブライアーは、彼が無実であることを感じ取る。ブライアーはマイケルの抜群のスリテクニックを買い、自らの無実を証明するために、捜査に協力することを持ちかける。誕生した“CIAとスリ”による前代未聞のコンビは、真犯人を探すため、パリの街を疾走する!そして、「36時間後の革命記念日にパリの街を制圧する」という犯行声明が出たことから、事件はフランスの国家的危機へと発展していくー。真犯人は誰なのか?事件に隠された巨大な陰謀とはー?

    「フレンチ・ラン」に投稿された感想・レビュー

    Mrs.フロイ
    Mrs.フロイの感想・レビュー
    2017/03/14
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    パリ在住のCIA捜査官と医学生への夢敗れて米国から流れついた凄腕スリのアメリカンな2人が、パリの街に手こずりながらテロ犯人を追って駆け抜ける!
    花の都とは異なる移民とテロのパリの側面を、2人の視線から知る事になる。地元フランス警察との軋轢もそれらしい。駆け抜ける96分!

    原題の「バステイーユデイ」は7月14日の革命記念日の英語圏での呼び名。
    民衆が当時の政治犯が投獄されたというバステイーユ監獄を襲撃し、フランス革命の発端になった事件。
    日本ではルネ・クレール監督の映画「パリ祭」(邦題)の影響で、この日をパリ祭と呼び、なんと歳時記の季語になっているとの事。なんか国民性の違いを感じる…

    アメリカがフランスに手こずるバデイもののアクション映画と言えば、ジーン・ハックマン主演の「フレンチ・コネクション」。
    撮影技法というのか編集か、カメラワークが魅力的だったと記憶している。
    本作も充分魅力的なアクションの展開だったが、カメラワークは平凡に感じた。勿体ない(*_*)

    終盤でかっての「バステイーユデイ」に民衆が襲った監獄ではなく、フランス国立銀行を襲う民衆、その先では五億ユーロ?の仮想通貨の入ったUSBが取り引きされる。世はすべからく金ということか、う~む。
    みっちぃ
    みっちぃの感想・レビュー
    2017/03/14
    3.2
    カーチェイス、爆発、殴ったり蹴ったりが期待通りの派手さで良かった。やっぱりクライムアクションは海外の方が映える。スリの「誘導する」というテクニックを、映画自体に散りばめている演出も良い。

    その反面、ストーリーの進め方は少々雑に感じた。もう少し各キャラのバックグラウンドや、心理描写を入れればドラマ性もあってより良かったと思う。

    最後に、登場する女性役はみんなわりと美人で良かった。ブロンドのカツラ被るだけで、こんなに印象が変わるんだなとびっくり。どの人もタイプではなかったけど。
    TAKAMASA
    TAKAMASAの感想・レビュー
    2017/03/14
    3.8
    少し荒はあるが、92分と短いながらも二転三転するストーリーと、イドリスのアクションはなかなかです。もっとこういう映画に出て欲しい!
    T
    Tの感想・レビュー
    2017/03/13
    3.7
    アクション映画としても犯罪ものとしても、全体的にもっさり。

    ゆっくり目なアクションシーンはかえって斬新かも。
    おくやま
    おくやまの感想・レビュー
    2017/03/13
    3.7

    CIAの隠れ家渋すぎてテンアゲ⤴︎

    前半のゾーエの不憫さがやばい。
    無知こそ1番の罪だと思った

    登場人物全員キャラが薄くてインパクトに欠ける感もありますが、、、、
    「この2人、パリ出禁」というキャッチコピーもいまいちピンときませんが、、、
    アクションシーンは緊迫感もあっていいんじゃないでしょうか!
    のこ
    のこの感想・レビュー
    2017/03/12
    4.1
    観るつもりはなかったが 拾いものをした映画!
    大どんでん返しのラストは非常にすっきり 面白かった!

    テロ容疑がかかっているスリのマイケル 彼を追うCIAのブライアー 
    フランスの建物の屋根から屋根へのチェイス~ぎこちなくランするマイケル! ミッションインポッシブルでトムクルーズやOO7のジェームスボンドが走るシーンとは比べものにならないほど危なっかしく、素人が逃げる姿のようでこれはこれではハラハラして面白かった!

    実際パリ フランスで爆破テロが起きてる中でのこの作品は興味深く 
    イスラム教や人種 移民問題を抱えながら~トップの器量が問われる!
    フランスに限らず どの国も~

    この作品の大どんでん返しをお楽しみに~
    爆破テログループリーダーを操っていた総元の結末を~
    是非劇場でご覧ください。
    シリーズ化されたら マイケルはCIAに入るのかな~?
    映画「シンデレラ」のリチャード・マッデン、天才スリ役
    嵌っていてなかなか良かった!
    私のお気に入り シャルロット・ルボンちゃんもさらりと
    可愛かったw
    TAICHI
    TAICHIの感想・レビュー
    2017/03/12
    3.6
    んーあともうちょっとって感じ…

    アクションが次期ジェームスボンドと期待されていたので期待しすぎました。でも充分楽しめました!
    りょんりょん
    りょんりょんの感想・レビュー
    2017/03/12
    3.0
    なんばパークスシネマにて鑑賞
    どうにもキレが悪いなと。イドリス・エルバのアクションもそうだし。重さは十分感じられるのでそこはいいんだけど、全体的にはなんでかドタバタしてるだけっていう印象を与えてしまっているし。
    それに、イドリス・エルバとスリのダブル主人公にしているんですが、どちらかが消えたりとかで、お互いの存在感を打ち消しあってるだけだったと思います。さらに、途中からヒロインまで合流して相乗効果ではなく、打ち消し合う効果しか出てなかったというも難点。
    撮影前の準備段階で、もっと内容とどう映るのかについての検討をすべきだったなと思いました。
    岡田ゴズリング
    岡田ゴズリングの感想・レビュー
    2017/03/12
    3.7
    結構楽しいが。。
    同じバディものとして、比較してはいかんのだが(ジャンルが違うから)この後にハシゴして見たナイスガイズがあらゆる面でよく出来過ぎていて、霞んだ。
    スリの描写って、問答無用に燃えるよね。
    エイちゃんマン
    エイちゃんマンの感想・レビュー
    2017/03/11
    3.7
    CIA捜査官と天才スリという組合せが新鮮で、今後のシリーズ化を期待してしまいます。
    本作を観た後だと次期ボンドもアリかな、と思えますね。