フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

Bastille Day

上映日:2017年03月04日

製作国:
  • フランス
  • アメリカ
  • / 上映時間:92分
    監督
    ジェームズ・ワトキンス
    キャスト
    イドリス・エルバ
    リチャード・マッデン
    ケリー・ライリー
    シャルロット・ルボン
    ローラ・ヒダリ
    ジョゼ・ガルシア
    エリック・エブアニー
    あらすじ
    パリ、革命記念日前夜、市街で爆弾テロが発生。容疑者として浮上したのは、スリの若者マイケル。捜査を担当することになったCIA捜査官ブライアーは、イラクで命令を無視し、テロリスト6名を射殺した当局きってのアウトロー。いち早くマイケルを確保したブライアーは、彼が無実であることを感じ取る。ブライアーはマイケルの抜群のスリテクニックを買い、自らの無実を証明するために、捜査に協力することを持ちかける。誕生した“CIAとスリ”による前代未聞のコンビは、真犯人を探すため、パリの街を疾走する!そして、「36時間後の革命記念日にパリの街を制圧する」という犯行声明が出たことから、事件はフランスの国家的危機へと発展していくー。真犯人は誰なのか?事件に隠された巨大な陰謀とはー?

    「フレンチ・ラン」に投稿された感想・評価

    takumi
    4.2
    自分好みの痛快アクション。面白かった!

    ストーリーは至ってシンプルだが、アクションやスリのシーンなど、細かい所まで気がきいていて見応えがあった。格闘シーンもカット割多めで今風ではあるが、パワフルで見やすいしとても良かった。銃撃戦はやや単調だったが、冒頭のスリのシーンなどは『フォーカス』を彷彿とさせるような痛快っぷりで観てて飽きない。

    主人公のイドリス・エルバはとてもかっこよかった。スーツ姿もなかなかにキマっていて、次期007候補というのも頷ける。

    全体的に若干低予算感は否めないけど、アクション映画好きなら必見です。
    なみつ
    3.8
    なんも考えずに観られる映画!そこまで期待してなかったのもあるとはおもうけど、とても満喫できました。

    まず、アクションが生々しい!最近はシュッシュッとしてるやつばっかり観てたけど、これはどっちかというとどか!ばき!て感じで、たしかに人間と人間が本気で戦ったらこうなるよなーっていう、うまいこと入らなさ&敵のしぶとさがあって。逃げ&追いも、なーんかもたもたしてるんですけど、それが逆にリアル!で、好みでした。

    次に、うまいことキャラが立ってる!イドリス・エルバが無双するばっかじゃなくて、他のキャラも自分の特性を活かしてがんばってた!無謀スキンヘッド×イケメンスリ×脳筋美女の化学反応ですねー

    そして、ちょうどよいサプライズがある!わたしは掌の上で転がされるタイプなので、製作者の意図どおりにびっくりできました。

    あと個人的に敵の組織がけっこう好き。みんな揃いも揃ってよくこんな悪質な顔集めたなーってくらいの顔面凶器集団だけど、リーダーはいわゆるハリポタのハグリッドとか指輪物語のギムリみたいな実は優しい髭面キャラ顔で、けっこう体張って統率を取ってるところがグーでした。プロとプロの戦い、良いです。

    予告で観たとこまでの展開がけっこうとろかったりするし、ズバ抜けたおもしろさがあるとかではないけど、誤解から生まれた展開が収束する感じとか、最後もすきっと終わるところがよかったです。

    エンディング、、、特にメッセージ性のある歌でもないのになぜか日本語歌詞出るなあとおもったら、イドリス・エルバが歌ってたとは、、、ある意味、新しい。求めてはないけど
    太郎
    4.0
    原題:Bastille Day/ The Take
    米国公開:2016年10月18日
    日本公開:2017年3月4日
    ジャンル:アクション

    輸入Bluーrayにて鑑賞
    最近引っ張りだこで7代目ジェームズ・ボンドの候補にも上がっているイドリス・エルバ主演のアクション。
    B級スパイ・アクション好きには楽しめる内容かと。要は何も考えないで見る映画。目新しさも謎解きもなく黒幕も序盤に分かってしまうので、淡々とアクションを楽しむ映画。過去のアクション映画のいいとこ取りで、このシーン何か見た事あるな、次の展開はこれだなとそういう視点で見る事をお薦めします。個人的には映画館で見てもいいと思った。
    結構面白いと思う。
    Sentokun
    3.8
    3連休の中日、やる事なく映画館へ。でも、見たいやつはほとんど満席。渋々全くノーマークだったこの作品を見る事に…。

    結果、めっちゃおもろい!ポスターはダサくてB級な匂いぷんぷんなのにw久々に当たりを引いた感じです。

    出てる俳優は皆んな他の映画で脇役をやってる人達で、顔は見た事あるけど名前わからん俳優ばっかり。ロバートダウニーJr.そっくりな奴もおるw

    内容はベタな感じでテンポ良く飽きずに引き込まれる感じ!

    アクションは臨場感あるし、所々コメディ要素もあってバランス良し!

    ステレオタイプなアクションが好きな方は是非!
    くらげ
    3.8
    アクション、サスペンス、スパイもの好きな人は必見だと思います。面白かった!

    タイトルは原題の方が絶対良いですね、フレンチ・ランは中途半端すぎる…


    バディものは好きなので凄く楽しめました。腕っ節のCIA捜査官とプロのスリという組み合わせも好きだし、仏vs米みたいな構図も面白かった。

    若干の低予算感はありましたが、アクションシーンは見応えあると思います。

    あと、CIAで仕切っていた女性上司の方、ケリー・ライリーで嬉しかったです。相変わらず美しい…
    上映館少ないのが切ないです。
    SayanoAga
    3.5
    アクションシーンのイドリス・エルバは特に格好いい。
    krishna
    3.4
    題名はもう『ミッドナイトラン』からパクったとしか思えない。これは日本の配給会社の質の低下か?『バスティーユ・デイ』っていう素晴らしい題名が有るのに。こねくり回して要らん題名付けるとは。

    内容はダイハードの1と2を足して2で割った感じ。これは言い方とかでは無くホントにそう。白黒バディ、テロリスト、強盗、はみ出し者、キーワードがバッチリ。ただ感じだけ。しっかりした脚本で展開も上手い(早い)のでちゃんと違うしっかりした映画になってる。オチへの持って行き方も上手い。
    主人公のブライヤーが物凄く格好良く撮れている。アクションとコメディのバランスもいい。
    感動とかは与えられないかもしれないけど、普通に『楽しい映画』としてオススメ出来る。


    90年代前半はにこんな感じの映画が、いっぱいあった。
    学生だったこともあり、貪り観たし、もう、どんな映画を観ても楽しかったしアタリだった。

    しかし、土曜日の渋谷で俺を含めて5組。こんないい映画なのに悲しいわ。
    好きなタイプ!シンプルでわかりやすくて、それでいて見るものを飽きさせないスピード感のある展開。イドリスエルバすきやわー。余裕と憂いの混じった表情がいい。
    イドリスかっこいい