フレンチ・ランの作品情報・感想・評価 - 6ページ目

フレンチ・ラン2015年製作の映画)

Bastille Day

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:92分

3.5

あらすじ

パリ、革命記念日前夜、市街で爆弾テロが発生。容疑者として浮上したのは、スリの若者マイケル。捜査を担当することになったCIA捜査官ブライアーは、イラクで命令を無視し、テロリスト6名を射殺した当局きってのアウトロー。いち早くマイケルを確保したブライアーは、彼が無実であることを感じ取る。ブライアーはマイケルの抜群のスリテクニックを買い、自らの無実を証明するために、捜査に協力することを持ちかける。誕生し…

パリ、革命記念日前夜、市街で爆弾テロが発生。容疑者として浮上したのは、スリの若者マイケル。捜査を担当することになったCIA捜査官ブライアーは、イラクで命令を無視し、テロリスト6名を射殺した当局きってのアウトロー。いち早くマイケルを確保したブライアーは、彼が無実であることを感じ取る。ブライアーはマイケルの抜群のスリテクニックを買い、自らの無実を証明するために、捜査に協力することを持ちかける。誕生した“CIAとスリ”による前代未聞のコンビは、真犯人を探すため、パリの街を疾走する!そして、「36時間後の革命記念日にパリの街を制圧する」という犯行声明が出たことから、事件はフランスの国家的危機へと発展していくー。真犯人は誰なのか?事件に隠された巨大な陰謀とはー?

「フレンチ・ラン」に投稿された感想・評価

foxtrot

foxtrotの感想・評価

3.7
 スリとして極めて優秀で危険回避能力に長けている人間をすんなりと浸透させての、それを一瞬にして覆すテロへと巻き込まれるオープニングは見事。彼の能力(スリの手口)だけでなく、現状のテロの手口をも印象付ける。

 テロの首謀者と実行者との隔たりに混迷を極める捜査。スリという全く以て無関係な人間の介入が事件を迷宮へと向かわせる中、捜査官たちはどんな情報を基にいったい何を相手取ろうとしていたのか。

 そしてその一件があるまで一切前科の無かった人間を追い詰める捜査官を描き出したことで「捜査官>スリ」という構図が形成されるわけだが、スリの腕前を見せてみろとの挑発にこれまた序列を崩壊させる様には唸ってしまう。凸凹コンビ結成の兆しだけでなく、対テロ戦争が混迷を極める理由を見出させさらには説得力を帯びさせる。

 スリの手口と陰謀とを照らし合わせ、ひたすらにずる賢いお偉方とそれに翻弄される馬鹿な民衆たちという構図が何とも皮肉めいているが、そこをぶち壊していくコンビの憎めなさ故に何とも面白く観られる。
JJ

JJの感想・評価

3.5
これも予告編見て面白そうだったから借りたけどさっぱり観れて良し。
もう少しマイケルのスリの特性を活かしたシーンがあれば良かったな〜
motcha

motchaの感想・評価

-
オープニングのヌードと、屋根の上の追っかけっこと、切れのある格闘技の応酬で、前半は惹きつけてくれる。
その後は極めて普通の展開で、あくびが出始めて「もうそろそろ終わってくれてもいいよ」と思った頃にちょうど終わってくれる。

「90分の勝利」だ。
(171105レンタルBD)
CRIBS

CRIBSの感想・評価

3.0
CIAのブライアーとスリのマイケルがコンビ組むっていうか完全に舎弟にされてるマイケル...笑

この90分くらいで収めたのがちょうど良かったです。

終盤の30分間は急に展開が面白くなり楽しめました!
パリで起きた爆破事件。
テロリストの真の目的とはー。

フレンチランチっちゅーことで
フランス走りまわってます(ほぼ車)
疾走感ある内容でハラハラしながら楽しめましたよー
アクションやチェイスシーンなど見所多いのも良かったのですが一番はスリシーンだな(´ω`)感心感心。
賢い犯罪者には妙に唆られてしまいがちです

フランスが今抱えてる問題にも突っ込んでるんでその辺結構リアルでメッセージ性もあるのかなと思いました(´・ω・`)
MegumiUeno

MegumiUenoの感想・評価

3.5
展開が速くて面白い♪

でも、途中は「は?なぜ?」って意味がわからなかった。オチは「お金」。結局ドロボーかいっ!

ジョゼ ガルシアがロバートダウニーJrにしか見えない。。
Makyu

Makyuの感想・評価

3.4
気軽に見れるアクションで楽しめたし、続編があっても良さそうな気がした。
CIAとスリの少し変わったコンビが、ワクワクさせてくれるものがあった。
mgmgmimi

mgmgmimiの感想・評価

3.2
期待よりはわりと面白かった記録つけようと思ったらキャッチだせえ〜〜って笑った
ベタっていいよ 主人公がちょっとアホなのとか悪者が分かりやすく悪者なとことか

このレビューはネタバレを含みます

ブライアーがすっっっごいイケメンで惚れた!!!!CIAってすごいなぁ…
最初は険悪な2人がだんだん良いコンビになっていくのは見ていて楽しいです。

マイケルも最初は常に八の字眉だったのがいつのまにかすごいかっこよくなってて、もうこのコンビ最高かよ!!って思える作品でした。
簡単に言うとアメリカとフランスの対立。
CIA対フランス警察の図で進んでいく物語。
そこに一般人で爆弾を右翼施設に置いてくるはずだったゾーエとスリでその爆弾の入ったバッグをマイケルが盗んで巻き込まれるといったお話。

シンプルで分かりやすいので、何も考えずに見てた。