sonozy

それは外宇宙からやってきたのsonozyのレビュー・感想・評価

3.8
先日見た『縮みゆく人間(1957)』のジャック・アーノルド監督の1953年の初期作。
原作は、SF作家レイ・ブラッドベリの小説。

原題『It Came from Outer Space』の直訳的な邦題『それは外宇宙からやって来た』が微笑ましい。笑

アリゾナ州の砂漠サンドロックに暮らす、結婚間近の天文学者ジョンとエレン。
家も土地も売れ「やっと街へ引っ越し結婚出来るね。」と、愛を確認し合う春の夕暮れ。
突然、空から火の玉が落ちて行くのを目撃する二人。
果たして隕石なのか?

この時代ですし、B級SFを楽しもう程度のつもりで見始めましたが、いつしか少年に戻った感覚で?ワクワクして見終えました。

宇宙人(火星人?)のキャラクタライズと表現手法。
当初から宇宙人であると信じ、周囲から変人扱いされるジョン(リチャード・カールソン)の「人は理解できないものを排除する」的な一言。
エレン(バーバラ・ラッシュ)と、ジェーン(キャスリーン・ヒューズ)という美女お二人。
いいですね〜。

ゴールデングローブ賞で、エレン役のバーバラ・ラッシュが、Golden Globe/Most Promising Newcomer - Female(最も有望な新人女優賞)を受賞してます。