りょーこ

ドリラー・キラーのりょーこのレビュー・感想・評価

ドリラー・キラー(1979年製作の映画)
2.5
BOOK・OFFでまさかの100円(笑)

確かに画質も音もヘボヘボなので、叩き売られるよね、こりゃあw

もっとグロゴアかと思いきや、なんか社会への鬱憤みたいなのが爆発してる作品でした。



ニューヨーク、マンハッタン。

売れない画家リノ・ミラーは、売れないままグダグダしている。

隣では下手くそバンドが夜な夜な練習、彼女1とも彼女2とも微妙な関係。

いよいよプッツンしたリノは、電動ドリルを片手にホームレス達を襲い始め………



スプラッタホラーというよりは、意外に社会派な面もある。
ちょびーっとですけどね!

『フォーリング・ダウン』の低予算ホラー風味1974年製作版、とも言えるかもしれない。
いや、言えないかww

とにかく電動ドリルが暴れるまでが長い…
それまでは、リノの売れない苛立ちや、電波ちゃんな彼女1のボケ芝居、下手くそバンドの騒音に悩まされます(笑)

大体なんなんだ彼女2人持ちて(°Д°)??
どんな設定だよw
突然の百合シャワーシーンとか、もう一体なんなの?
有難うございます☆

で、38分後、ようやくドリラー・キラー参上♪
なのですが、ドリル音が凄いだけでグロさはゼロ、血糊は中の下かな~

その後、なんだかんだあってドリル無双に発展するのですが……
うーむ。。。
いまいち盛り上がらない(´-ω-`)

私は単純なので、『フォーリング・ダウン』みたいに明確な何かにブチキレるとか、ただただドリルでぶっ殺!とかが観たかったなぁ~

うだうだしているヤク中みたいな若者キャラ達こそ、ドリルで粛清して欲しかったです♪