黒味噌

イノセンスの黒味噌のレビュー・感想・評価

イノセンス(2004年製作の映画)
4.0
一作目に続いて鑑賞。
こちらはまだ観るの3回目?くらい。前見たときの記憶はかなり朧げだが、そこまで気に入らなかったような気がする。

しかし、今日改めて見て観ると、これはやはり僕の大好きな攻殻機動隊だった。ド派手なドンパチがなかったり、ちょっとオチが弱かったりもしたけど、それを補うだけの良さがこの作品にもちゃんとあった。

まず何より映像技術がやばい。綺麗すぎ。背景・風景の作画が異常。「画素数が〜」とかじゃなく、作り込みがね、、、。特に、択捉経済特区をヘリで飛行中の描写と、祭のなかでアンドロイドが行列をなしている描写の素晴らしさといったら、、、。映像だけでこんなにワクワクできるなんて、すごいよ。

そして今回、一作目と続けて見たこともあって新たにテンション上がったのが、一作目の中で素子がバトーと別れを告げる前に再開したときの為の合言葉を言い残していったんだけども、その合言葉が今作に出てきて、再開を果たしてたっていう場面。こういうの、オタクはマジで嬉しいよなぁ。

あと、一作目のレビューにも書いたんだけど、映画版の素子はバトーに若干デレるのがほんと好きだ、、、。でも、「忘れないでバトー、貴方がネットにアクセスする時、私は必ず貴方の傍にいる」ってさあ、好きな女が言うのずるいよなぁ。一生忘れられなくなっちゃうよな。肉体を捨て去って電気信号となった素子に恋し続けてる哀れなバトー、、、。エモだ、、、。素子は悪女だよ、悪気はないところがまた更にね。

ただ、最初に述べた通り、ストーリーのオチがちょっと弱い気がした。攻殻機動隊シリーズの良さの1つといえば、「強固な思想と大きな野望を持ったキャラvs公安9課」といった図式の中で物語を展開して、最終的に視聴者に社会的な問題提起をすることだと思ってたから、今作はそこがイマイチ見えてこなかったのが少し残念ではあった。でも、少し怪しくてアダルトな雰囲気を味わうだけでもこの映画は楽しめるし、何よりファンなら喜んじゃうポイントがたくさんあるから、結局は見ちゃうよね。オタクだからね。しょうがないね。