イノセンスの作品情報・感想・評価・動画配信

「イノセンス」に投稿された感想・評価

銭下葉

銭下葉の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

前作よりは簡単だが、深夜に意識朦朧としながら見たので過去一よく分からなかった。
簡単だなーと思いながら、起きた時には1回記憶が全部なくなってて、ネットのネタバレ記事を見て思い出した。

単純に面白かった。難解じゃなくて本当に助かった。
銃撃戦が多く、アクションだけでも楽しめた。
銃の青いフラッシュがなんともかっこよかった。ドラゴンボールの序盤のピンクのフラッシュも好き(ナウシカとかもピンクの弾が飛んできてた気がする)だけど青もいいね。

2501がでた時、素子ぉぉおおおおおおっ!!!てなったね。
「ネットにアクセスする時、そばにいるわよ」
これ言われた時心の中で素子おおおおおおおおおおおお!!!ってなっただろうな、バトー。
ほぼバトーの話だった。

面白かった。またちゃんと集中して見直したい。
眠い時に見るんじゃなかった
もう一回見る

言いたいこと全部言われた感。最初の女医さんとか屋敷の人形の言ってることがめちゃめちゃしっくり来た
りん

りんの感想・評価

4.1
「人間には身体が存在しない」
哲学をアニメーションに落とし込んで芸術を作りなす映像と脚本はお見事。引用が余計に難解。
バトーとトグサの対照こそが人間とは何かの問題提起と答えであり、まさしく幸せや死に対する感受の違いを物語っている。
iiinode

iiinodeの感想・評価

5.0
https://youtu.be/4T8fK03yXjw
アオイ

アオイの感想・評価

4.0
GHOST IN THE SHELL 見てないのにみちゃったよ…
ハラサ

ハラサの感想・評価

4.0
人間と人形

時間経ってからまた見よう。
攻殻機動隊自体全然見終わってないのに見ちゃったからなんで少佐がいないのかマジでわかんないし話全然わかんなかったけど映像がすごすぎるのでオールオッケー
全然わかってないけどおもろかった なんでだかわかんないけど
カ罒

カ罒の感想・評価

3.7
CGのくせ強い
めまい

めまいの感想・評価

3.6
何回見ても良く分からない作品。だがそれが良い。押井守の楽しみ方はその奥深さを体感することにある。

ghost in the shellでは魂の在り方がテーマだったけどinnocenceでは身体がテーマになっていると思う。自分が見ている景色や痛みは主観的なものでしかなく、それが本物にあるのかどうか確かめる手段はあるのか。

押井守は作品に大事なものは世界観、キャラ、ストーリーの順番にあると言っていますが、まずその映像美を堪能するのがこの映画を楽しむ一歩だと思いました。
平田一

平田一の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

押井守の『攻殻機動隊』の"その後"の物語。

ガイノイドの殺人事件を捜査するバトーとトグサ、失踪した"少佐"もとあるパートから登場と、攻殻の後日談的要素が非常に強いです。なので前作の鑑賞は必須かもしれません。

哲学的なモチーフは前作より増加だし、アクションはここぞの場合に非常に暴力的になる。緩急といえばいいか、切り替えに目を張ります。

一方でここでのバトーはどこか内省的であり、"少佐"が失踪したことで心に穴が空いている。本作はポッカリ空いた穴を埋めたいバトーの旅路、言うなればバトーの心の旅路と言えなくもないです。荒巻課長も少佐の失踪で、明らかに朽ち気味で、唯一トグサやイシカワだけは踏ん張って立っている。前作より娯楽要素は明らかに削ってて、まるでアート映画みたいな手触りのお話なので、何度も言うけど前作を見ないことには分からない。

バトーと少佐の繋がりや、トグサの頼れる刑事(デカ)ぶりを。

賛否両論真っ二つな物語になってますが、ボクは非常に大好きです。今度はBlu-rayで見たい!
>|