みんな元気の作品情報・感想・評価

「みんな元気」に投稿された感想・評価

妻を亡くして一人暮らしのデニーロ演じる父親が、離ればなれに暮らす娘、息子達の帰省を楽しみにしていたところ、全員からキャンセルの連絡が入る。
そこで父親は彼らに会いに慣れない旅に出る。

大人になってしまったからこその悩みや葛藤、家族を愛しているからこその隠しごとってある。
父親が一人一人を辿った足取りは、思いがけずもう一度家族を繋げる一本の綱になったんだなぁ。

デニーロが不器用な父親をとても上手く表現している。
あちこちでフィルムカメラを撮ってて可愛い。
(エンドロールで彼が撮った写真が出てくるのがイイ。)
ロードムービー的な要素もあって、まるで自分もあちこち旅してる気分になる。
外国の方って電車やバスで隣り合った人とよく会話してる。
そういうのってシャイな日本人にはあまり無いから、素敵だなぁと思う。
娘、息子をケイト・ベッキンセイル、サム・ロックウェル、ドリュー・バリモアと大好きな俳優たちが演じているのも良かった♪

家族がお互いを思う気持ちに、涙腺が崩壊するかと思った。
私も両親や兄と離れて暮らしているから。
バイバイする時は笑顔で別れて、一人になった途端にボロボロ泣いた。
心配をかけたくなかったから。
元々仲の良い家族だったけど、離れてみて改めて本当に大切で愛おしいと実感した
家族もきっと同じ想いでいてくれていると思う。
この映画を見ていたら会いたくてたまらなくなった。
いつでも会いに行ける距離じゃないから年に2、3回しか会えない。
一生のうち、あと何回会えるんだろう。
時間を大切に、大切にしたい。
TAKA

TAKAの感想・評価

3.0
サム・ロックウェルが
かっこよかった❤️

キャサリン・メーニッヒも
かっこよかった❤️

家族愛はどうも苦手なジャンル。

このレビューはネタバレを含みます

1990年の同タイトルのイタリア映画をリメイクした作品。
そのリメイク元も、1953年に公開された邦画、「東京物語」のオマージュである。

国も時代も超えて、家族の絆というテーマは根強いことがよく分かる。
本作はロバート・デ・ニーロ主演で贈る、感動のロードムービー。

時折、大人であるばずの息子や娘が、幼少期の頃の子供達になる演出が好き。
あまり顔を見せることがない間柄たがらこそ、過去の記憶が蘇るのでしょう。
いつかは経験するのだろうか。

嫌いだからでも、煙たがっているわけでもない。
愛情があるからこその嘘なんですよね。
悲しいことは起こらないことが一番いいかもしれないけど、家族で乗り越えていく姿に感動。
シュン

シュンの感想・評価

3.6
家族の大切さと煩わしさを感じた。あれこれ考えなくてもタイトルの通りでいいのかも。
Ariel

Arielの感想・評価

-
2019.08.14 鑑賞
al

alの感想・評価

3.5
観終わったあと胸のあたりがじんわり。
マストロヤンニ版も観なきゃ。
モモ

モモの感想・評価

3.0
失ってから気づくって何回言われても失わないと気づかないよね。
kay

kayの感想・評価

4.5
2019年150作品
なかなか実家に遊びに来てくれない子供たちの為にデニーロ自らが子供たちの元を訪ねて周るストーリー
ジャケ写から判断すると気軽なロードトリップ映画のように見えるが、家族の大切さを気づかせられるような深い映画です。
B級コメディかと思う邦題とジャケットから想像も出来ないほど素敵で温かい
Pooh7

Pooh7の感想・評価

3.5
みんな父親に嘘つきすぎ。
途中でホームレスみたいな若者にオヤジ狩りに合いそうになった時、なんてお人好しなんだろ、、、って思った。みんながみんな良いホームレスなわけではないから、
>|