みきてー

オーディションのみきてーのレビュー・感想・評価

オーディション(2006年製作の映画)
1.5
三池監督の「オーディション」が見たかったのに間違えて借りてしまった。久々に燦然と輝く駄作を見ました!

ダメ映画にも二種類合って、ほころびが愛おしくなるような映画と、ただ単に考えて作ってない映画があると思うのです。本作は全力投球で後者。

SAW2/3を800倍薄めて、思いつきで終盤パラノーマル~とかrec風味のPOV視点を入れたような話。せ、誠実さがねぇ~~!

腑に落ちないポイント
①デスゲーム主催者の行動原理がよくわからん
②思いつきでキャラクター配置してるから愛着がわかない、感情移入ができない
③閉じ込められてる施設が頑張れば抜け出せそう

デスゲームやスプラッタ物は好きな自負がありますが、それを差し引いてもどこも面白いところの見つからない作品でした。
強いて言えばジャケ。