空軍/エア・フォースの作品情報・感想・評価

「空軍/エア・フォース」に投稿された感想・評価

めちゃくちゃ面白いハワードホークス。真下を見つめることを反復する。ジョンガーフィルドの挫折したパイロットが、代わりに飛行機を運転するくだりに泣く
休憩

休憩の感想・評価

3.5
戦意高揚プロパガンダムービー
おもろいけどちと長くないかな
ryosuke

ryosukeの感想・評価

3.8
ホークスによる1943年の戦意高揚映画。「リメンバー・パールハーバー」的な台詞を聞くこともできる。ラストには「戦争に勝つことが真の結末だ」みたいなこの種のプロパガンダ映画お決まりのメッセージが出てくるが、終盤の圧巻の戦闘描写の畳み掛けの後だとさぞ効いたことだろう。日本人観客としてはカタコトのアジア人にはずっこけてしまうが、この時代に日本語ネイティブなんて出せないか。ミスター・モトって誰のことだと思ったけど小説の登場人物なのか。
ジェームズ・ウォン・ハウによる陰影豊かな撮影が光る。混乱する基地における、飛行機、自動車、人物が画面手前から奥までひしめき合っているショットが印象的。ホークスのフェティッシュなのであろう飛行機もかっこ良く捉えられている。
前半の機上での会話シーンは淡々としすぎている嫌いはある。まあ延々狭い機内にカメラが設置されていることで観客も共に搭乗しているようなリアリティがあるともいえるか。
陸海空を舞台に繰り広げられる戦闘シーンはどれも大迫力。特に地上から戦闘機を迎え撃つシーンは凄いな。プロパガンダ映画ゆえの軍の全面協力のおかげなのだろうか。修理した機体で離陸するシーンのプロペラが回るのか回らないのかのサスペンスの具合も絶妙。
全体の構成としては若干単調ではあるかな。前半部はひたすら機内での会話が繰り広げられ、後半は戦闘描写の羅列のようになっている部分もあるので、一本のドラマとしての纏まりには欠ける印象はある。
ホワイトが息子の訃報を告げられるシーンは、遂に息子に会えると思って嬉しそうな顔をするのが切ない。「二十年生きてこれだけでは虚しすぎる」というセリフは重たいな...
赤狩りの犠牲になり早逝したジョン・ガーフィールドは今回も影のある役を好演。ニヒルな表情が印象に残る。
クインキャノンを看取るシーンの「地上でのフライト」は実に素敵。低音の劇伴も心なしかエンジン音に聞こえてくる。会話劇の中で彼が「天に昇っていく」ことを表現する。
SKE

SKEの感想・評価

4.0
ホークス恐るべしだな、国策映画でかつ長すぎるのだけど。
tmr0420

tmr0420の感想・評価

4.5
伏線回収などあまりによくできてるせいで日本人なのに終盤はジャップぶち殺せ!って感じになってしまった。
ハワード・ホークスによる戦意高揚映画。リンカーン演説の引用から始まる。日本軍の戦闘機を空中で撃ち落とすアクション/特撮は、今見ても相当の迫力である。落ちぶれて自暴自棄になったジョン・ガーフィールドが泣かせる。飛行機が空飛ぶ犬小屋になるギャグも!
戦闘シーンや飛行シーンはさすがホークス。典型的なプロパガンダ映画だし日本兵=悪なので見ていて楽しくはない。東京空襲が正義の鉄槌みたいに描かれるのも...
戦意高揚映画。

軍が協力してるだけあって、特撮部分も含めてリアル。
しかし、当たり前だけど、敵は当時の日本なので、「やった!敵を倒したぜ!」などと素直に喜べない。

すなわち、その倒した憎い日本人は、そのまま私たちの曽祖父にも当たる世代な訳で…。

それでも観てると戦意高揚してくるので、パールハーバー部分も含め、当時の人たちはこれで「打倒!卑怯な日本人共め!」とか思ってたのかなぁ…?と、複雑な気持ち。
いけ

いけの感想・評価

3.0
機械の組み立てがまさにホークス
>|