まっどでーもん

終の信託のまっどでーもんのレビュー・感想・評価

終の信託(2012年製作の映画)
4.2
周防監督の「シコふんじゃった。」とか「Shall We ダンス?」とかは素直に楽しめてもさすがにこれは難しいだろうと思わされる出来。😓

しかし私としてはこのような陰湿で暗いタイプの映画、結構好きなので点数を高めに設定した。内容がやたら社会派で重苦しくいつもの周防監督のタッチを期待すると肩透かしを食らうことは間違いないと言える。前作「それでもボクはやってない」を更にグレードアップさせた感がある。

とにかく末期患者役の役所広司の虚無的な表情が目に焼きつく作品。何やら暗い時代の到来を思わせる示唆的な雰囲気もあり、周防監督もだいぶ変わったなあと驚きを隠せなかった。

稀代の悪役「大沢たかお」の高圧的な演技も不快感を煽りまくる。😓