わが谷は緑なりきの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「わが谷は緑なりき」に投稿された感想・評価

家族があったかい
お父さんのドナルド・クリスプが良い。
奥さん役もでーんとしていて楽しい。
末っ子息子が可愛い。
娘役がとても綺麗
お兄さんたちも皆かっこいい
炭鉱の仲間たちみんなが敵にもなる事も有るけど助け合う姿が良い。
闘い方を教えるおじさんと授業中に先生に一発くらわすのは楽しい。
炭鉱で働く人々の力強い歌が印象的
ステキな映画
takono

takonoの感想・評価

4.4
家族映画×回想物で一番好きかも。
末っ子ができた人間すぎる。
家族で囲むテーブルと炭鉱町の合唱。
ノリ

ノリの感想・評価

3.6
時代を感じるのは当然か。でもト
どうしてアカデミー賞?
社長

社長の感想・評価

-
遠景、中景、近景が豊かに広がる斜面のロケーションが良い。
物語の節目で、その中を大勢の人々が列をなして行くとき、コミュニティについての映画として立ち上がってくる。
わが谷はモノクロなりき。

スケジュールの遅延により売れっ子ウィリアムワイラー監督からジョンフォード監督へバトンタッチされたこの映画。ナチスの空爆のせいでウェールズロケも中断し、残りはアメリカにてセット撮影。最初カラーで撮ってたけれど、ウェールズとアメリカでは花の色が違うから急遽モノクロに変えたらしい。戦争がなければ、谷の緑は緑なりき。観たかったなぁ。あの谷の緑を…


そのハードな恋は一生引きずるぞアンハード。恋敵が神だからアンよりもだいぶハードモード。

肝っ玉母さん。あの笑顔、最高です。

THE昭和のガンコ親父は不器用で、そして歌がうまい。

誰が誰だか結局最後まで覚えきれなかった5人の兄たち。一人、また一人と巣立ってゆくその背中に、幸せを願わずにはいられない。

そして末っ子のヒュー。男として、人間として雄々しく育つその姿が、まるで我が事のように嬉しい。


炭坑で暮らす人々は、皆よく働き、よく飲み、そしてよく歌う。うまく説明できないけれど、観ているだけでグッときてしまう。

ああ、古き良きウェールズ。

あの炭坑夫の列に加わりたい。ススで真っ黒になった顔して胸はって、歌声谷に響かせて、皆といっしょに家路につきたい。その谷は喜びも悲しみも皆で分かち合う。素朴な暮らし。人間ってそれだけでいいんじゃないかな。心が洗われるようだ。

冬がやってきて宝島。

春を告げる窓際の鳥たち。

まるで雪溶け水の小川のような大合唱。

何?ヒューがケンカで負けた?

ダイを呼べ!

🥊ダイ、ネバーダイ🥊



時代のうねりに翻弄された炭坑の町。そこで生きた人々の暮らし。家族との思い出。

家族が一緒に過ごしたあの時間はもう二度とは戻ってはこない。誰もが持っている原風景、色褪せないセピア色の記憶。ヒューの心の中には、笑い合う家族の声が今でも聞こえているのだろうか。


かつてひとつの家族がそこにあった。

その谷は緑に包まれていた。

たったそれだけのことなのに、なぜだか無性に胸を打つ。ラスト、なんだこれ。涙で前が見えない。

。・(つд`。)・。
mie38

mie38の感想・評価

3.9
何気なく目に留まり鑑賞した映画です。
家族の絆を描くストーリーが良かった。
こんなに完璧だっけ。
ShotaroIto

ShotaroItoの感想・評価

3.2
第14回アカデミー作品賞
けんか教えるとこ好き 時代背景と風情
Mary

Maryの感想・評価

4.8
2019 38作品目