わが谷は緑なりきの作品情報・感想・評価・動画配信

「わが谷は緑なりき」に投稿された感想・評価

アカデミー賞作品賞を見てみよう【その14】
白黒映画なのに景色が美しい。

物語は深掘りせずどんどん進んでいくので、ひとつの出来事に浸る間もなかった。あっという間に学校を卒業したり何年くらい経過してるのかもイマイチ分かりにくかったのが残念。

でも、子供の頃を懐かしんでいる感情が全編に表されていて良かった。
ロンダの谷の雰囲気、すごくいいです。谷の皆が家族のような温かさをもっていました。
ヒューの学校での苦悩、長男の事故死など、炭鉱を軸に動いている地域だからなのはおいといて、家族以外の大勢人達で共に心配がったり悲しんだり、、

そもそもがヒューの回想形式の映画だからか、爽やかな印象です。谷の匂いまで来そうな感じで。
aiiro

aiiroの感想・評価

4.0
2020/10/17[263][4.0]
果糖

果糖の感想・評価

5.0
フォードをみると勢いよく保守的な人間になれる。それとも元々保守的な人間だからフォードがこんなにいいのか。
さりげない視線のカットや一斉に集まる視線のカットなどがとても印象的。
冒頭の結婚式でブロンを追うヒューの視線や
今後を思わせる牧師と姉が見つめ合う視線。
登校初日に皆が注目する視線、
私語禁止の食事中の視線、
亡き家族を空に見つける視線、
などなど、、、他にもたくさん。
シンプルだけどセリフ以上に多くの複雑な感情を物語ってくれる映画。

dadaがかっこいい。かっこいいのにちょっと奥さんの尻に敷かれてる感あるのもいい。

ヒューが炭鉱夫になるシーン
学歴はお金と同じで何に使うかは自由、選択肢が増える。みたいな誰かの名言思い出したなぁ。
c5

c5の感想・評価

3.7
◯『わが谷は緑なりき』。「き」は過去の助動詞。もう谷は緑じゃないのね。

◯ジョン・フォードって『駅馬車』『怒りの葡萄』『わが谷は緑なりき』を3年間で世に出してるんだぜ?すごくね?

◯第14回アカデミー作品賞
Nozy

Nozyの感想・評価

4.2
うーんこれは凄い。
季節のようにストーリーが巡っていく。
キリスト教の教えに背いたという噂だけで石を投げられていた家族の大黒柱が落盤にあった時には村の人が率先して助けにいくようなシーンが幾つかあるのを矛盾してると思う人も居るかもしれないけど、結構ムラ社会ってそんなもんだし、"そんなもん"を形にするのは難しそうだなと思う。

脚本も名人芸という感じがするし、カメラも牧師と娘が別れるシーンでは一旦ドアを閉め切ってから外のシーンに移るのとか、一つのシーンで二つ分のシーンの役割を作ったり、影と光の表現だったり細かい配慮が見える。
Toshiking

Toshikingの感想・評価

3.9
炭鉱夫が出てくる映画は面白いという偏見がまた補強された

家族群像という感じで掴みづらいところがあったが、様々な出来事がどれも面白い

先生にボクシングを「伝授」するシーンが最高
重たい話だし、話は飛躍してる気がするしで、全然緑くなかった。お母さんの穴のあいた風呂に水入れる問題に馬鹿だねって話はハッとさせられた。
>|