ブーリン家の姉妹の作品情報・感想・評価

「ブーリン家の姉妹」に投稿された感想・評価

蟻

蟻の感想・評価

3.8

血で血を洗う骨肉の争い普通ならイライラするから嫌いなんだけどナタリーとスカヨハ大好きだからメチャおもしろかった。2人以外のキャストも個人的に好きな人達ばっかり(特に最近ジムスタージェスがグイグイ来てるからたくさん出番あって嬉しかった)だったから胸糞悪い展開のオンパレードだったのに全然イライラしなかったしむしろ目の保養になって最高。逆に言うとキャストが違ってたら始終文句言いながら観てたと思う。ヘンリー8世まじうんこじゃん。肖像画見たけど顔デカくて更にムカついた。女性達の事こんな扱いしてもし今のご時世だったら大バッシング間違いなしだね。
クリステンスコットトーマス演じる妻・母は好感持てる
Rica

Ricaの感想・評価

-
きろく
アン・ブーリンという女
あさ

あさの感想・評価

4.2
脚色化されていようとも面白かった。
複雑な中世英国の歴史がわかりやすく感じた(錯覚)と共にブーリン姉妹の存在について強く認識するきっかけになりました。もっと早く見ておけばよかった。
感情移入と客観視の区別が難しくなんともいえませんが、かくしてエリザベス1世は産まれたのだと
ベネディクト期待して見たけど最初しかいなかった〜!
yayuyo

yayuyoの感想・評価

3.5
公開当時、TVでアン・ブーリン特集を放送していて興味を持ったものの、公開から10年経ってようやくの鑑賞となりました。

中世イングランド。
女は全て富と栄誉の為の道具だし何をするにも命がけ。
そんな時代に虎視眈々と王妃の座を狙うアン。
おとなしいメアリーとの対比もあり、アンの逞しさや聡明さ等がよく表れています。
アンを見ていて、強欲は巡り巡って身を滅ぼすんだな…と思わずにはいられません。

歴史に疎く、この頃の時代背景やエリザベス女王統治へ続く流れもよく知らなかったので、勉強になりました。

冒頭で書いたアン・ブーリン特集で印象に残っているのが、投獄されたアンが娘のエリザベスに向けて書いた一文。

Remember me when you pray.

(英語合ってるか自信ないけど…)

投獄され、自らの人生を振り返った時彼女が思い返したものはなんだったのか…。
この一文に沢山の想いが詰まっている様に思えます。
『エリザベス』も見てみたいですね。
二人の姉妹が美しすぎた。
が、内容はドロドロ。
でも私…こんなドロドロが好きなんです😰
あと、衣装が素敵ですね👗✨


弟さんが可哀想でしたが、ラストは姉妹の絆を感じてジーンと来ました😢
YooMee

YooMeeの感想・評価

3.7
野望の果てに斬首されたアン。アンの娘エリザベスを託されたメアリー。
嫉妬が引き裂いた姉妹を再び結んだラストに涙した。
人生の勉強になるような…
今の時代なら何人処刑されるんやろか…笑
悪いことはするもんやないなぁ
>|