ブーリン家の姉妹の作品情報・感想・評価

「ブーリン家の姉妹」に投稿された感想・評価

yayuyo

yayuyoの感想・評価

3.5
公開当時、TVでアン・ブーリン特集を放送していて興味を持ったものの、公開から10年経ってようやくの鑑賞となりました。

中世イングランド。
女は全て富と栄誉の為の道具だし何をするにも命がけ。
そんな時代に虎視眈々と王妃の座を狙うアン。
おとなしいメアリーとの対比もあり、アンの逞しさや聡明さ等がよく表れています。
アンを見ていて、強欲は巡り巡って身を滅ぼすんだな…と思わずにはいられません。

歴史に疎く、この頃の時代背景やエリザベス女王統治へ続く流れもよく知らなかったので、勉強になりました。

冒頭で書いたアン・ブーリン特集で印象に残っているのが、投獄されたアンが娘のエリザベスに向けて書いた一文。

Remember me when you pray.

(英語合ってるか自信ないけど…)

投獄され、自らの人生を振り返った時彼女が思い返したものはなんだったのか…。
この一文に沢山の想いが詰まっている様に思えます。
『エリザベス』も見てみたいですね。
Yuu

Yuuの感想・評価

4.3
世界史がわかる、、
ヘンリー8世イケメン過ぎん
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
最近観た「エリザベス」1世の生母アン・ブーリンとその妹を扱った伝記映画。姉妹を演じるのがナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソンと超豪華。この事時代の王宮は権謀術数が当たり前なので、非情にも感じられるノーフォーク公の動きは当然なのだろう。映画としては衣装が豪華で、そこは見応えがあった。
Hannah

Hannahの感想・評価

-
アンドリューガーフィールドどこにいた???
yzk

yzkの感想・評価

2.8
歴史的昼メロ映画
みんな美しい!
まるこ

まるこの感想・評価

3.5
スカーレットとナタリーの2人が美しくて…

ドラマクイーンメアリーを観てからこの前後の歴史が気になったのと、勝手にエディレッドメイン祭りとして、まだ観てない彼の映画を観ようと鑑賞。

思った以上にドロドロ〜
けど、史実ということもあって、面白かったし引き込まれた。
実際の話だとしてとんでもない話。
でもリアリティはありました。
ふたりがきれいだったなあ。

にしてもあとで軽くウィキを確認したものの、さらなるあらゆる事実も含めて恐ろしいことでした。

この母親から生まれたのがエリザベス1世というのがなんというか本当にすごい話ですね。

アンは女としての武器もぐいぐいに使いながら成り上がり、しかし結局はその役割に悩まされ、どーにもならずに堕ちていくのですが、
結果エリザベス1世を産んだということがもうなんか、本人の生前には分からなかった意図が成就している感じがしてしびれますね。

それにしても恐ろしい話。
というかこんな状況でよくエリザベス1世は王位を継承しましたね。
どんな育ち方したんだろうか、メアリーのもとで。。

クリスティンスコット演じるブーリンの母は、ウィキによるとえーっ!という過去を持つものの、映画内では現代を代弁するようなセリフをたくさん吐いていました。
時代的にリアリティはないけど、そのへんにこの映画の意図があるのでしょう。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.9
世界史を学んだときは
悪女だと教えられたアンブーリンでしたが

妹の視点から描かれていることで
とても人間らしく、
処刑のシーンで泣いている姿をみて
時代という歯車が
狂わせてしまった結果なのだと思わされました。

時代背景がかなり分かり、
面白く最後まで飽きずにみれました
>|