つるみん

動くな、死ね、甦れ!のつるみんのレビュー・感想・評価

動くな、死ね、甦れ!(1989年製作の映画)
3.9
8年間も無実の罪で投獄されていたカネフスキー監督の渾身のデビュー作品。

この『動くな、死ね、甦れ!』という題名。これほど強烈でインパクトあるタイトルはなかなか見つからないであろう。この題名の意味がラストでハッキリ分かった時、それはもうこれで間違いないと確信した。
ソ連…ではなくロシア映画。1989年に製作された作品であるが全編白黒というのがこの映画の特徴。時代・舞台設定としては第二次世界大戦後のソビエト。戦争後という事もあって生活は苦しく、金銭面はもちろん、人間関係までもが何だか重苦しい。また劇中に出てくる捕虜の日本人や身体障害者含め戦争で負傷し精神が崩壊した人などをこれでもかと差別する。主人公2人を通して、当時の生活感をリアルに描いていた。

そんな重たく暗い雰囲気の中で微笑ましく見ていられる主人公2人の言動。その中でもやはり少女ガリーヤの存在は大きかった。この映画の中で唯一の〝光〟でしょうね。ユーモアを織り交ぜながらも当時の厳しさを描き、ラストに追い打ちをかける。特に機関車のシーンからは全てが奇跡のショット。あんなシーンは二度と撮れないだろうし、こちらが狂いそうになる。

もう一度言うが、これは1989年の映画である。『BTTF2』と同じ年とは考えられない。