健多郎

ツイてない男の健多郎のレビュー・感想・評価

ツイてない男(2007年製作の映画)
3.0
いっつも一言で映画の内容を表そうとしてるけど、これはどう言えばいいものか…

宝石泥棒に失敗した主人公が、自分のケツを自分で拭くためにボスからイワン雷帝の十字架強奪を任されるが、盗みに入ったビルは恐ろしくヤバいヤツの狩場で…とかそんな風に書くしかないか!?

ジャンルとしてはスプラッターとコメディとシュールが悪魔合体した妙なモノだと思います
特に最初の犠牲者が出てからのコメディ感がひどい、いい意味でですよ
絵面はグロいのにだいぶ笑わせてもらいました

というか観ながら気付いたんだけど、新年初映画がコレなんですよね…
いや面白かったのはいいんですけど、ホントにコレで良かったの!?とも思う
素直にオールタイムベスト10から観れば良かった!
面白かったですけどね!?
なんだろうこのやるせない気持ちは!