フライド・グリーン・トマトの作品情報・感想・評価

「フライド・グリーン・トマト」に投稿された感想・評価

シャシーベイツがどんどん変わっていく様子が楽しい。
駐車場のシーンは最高‼️
一昔前の田舎のアメリカってもうたまらんわー
フライドグリーントマトって初めて聞いたけど食べてみたい🍅
YT

YTの感想・評価

4.0
おススメ良品という
くくりで放送されないと、
見る機会はなかっただろうなと思った。

牧師さんの証言はちょっと
ドキっとして聞いていたけど
斎藤工さんの解説を聞いて納得。
時番人

時番人の感想・評価

3.3
当時、映画館で観ました。

キャシーベイツはミザリーで、ジェシカタンディはドライビングミスデイジーで超ブレイク。生活に埋もれ気味な女性が幸せをつかむ系内容流行ってたから、当りを狙った感じの映画でした。

で、私が未だに時折思い出し震え上がるのが、太った人の匂いのエピソード。トラウマです。おかげで太らないようめっちゃ気をつけれてます。

このレビューはネタバレを含みます

老人ホームで偶然出会ったおしゃべりな老女ニニー(ジェシカタンディ)から、イギーとルースという女性の友情&殺人物語を聞いて、勇気をもらう更年期障害に悩む主婦エヴリン(キャシーベイツ)の物語

ミザリー後の作品と言うこともあり、ミザリーネタがくすっとさせます

共通の傷を負ったイギーとルースの友情はとても深い。ルースをDV夫から助け出し、守り、最期を看取るところは感動的

バディ2人が列車にひかれたり、DV夫のバーベキューソースなどちょっとブラックなところもありますが、とてもいい映画でした

ニニーが語る一番大切なこと・・・それは友情
megさん

megさんの感想・評価

3.4
ニニーが語る話も今の話もどちらも興味深く、勇気付けられる作品だった。
でも、ところどころ品がないというか、いただけないところもあって、スコアを下げてしまったな。
kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.0
▪️Title :「フライド・グリーン・トマト」
Original Title :「Fried Green Tomatoes」
▪️Release Date:1992/06/06
▪️Production Country:アメリカ
🏆Main Awards :※※※
▪️Appreciation Record :2019-145
▪️My Review
素敵な作品ですね!
この映画の題名「フライドグリーントマト」は、青いトマトに蜜で下味をつけて、揚げる料理だそうです。青春の味なんですね。そんな若き時の青春の日々を生きた、二人の女性の姿が間違いなく刻み込まれ、佳品といってよい作品です。
それぞれに起きる苦難、死別、人種差別などを友情と愛で乗り越えていく、そんな素敵な温かな作品です。
二ニーと出逢い、イジーの生き方に感化されて変わっていく主婦エヴリンをキャシー・ベイツが見事に演じてます。観てるうちに素敵で自信を持った女性に変化していく演技が素晴らしいですね。
ラスト付近にはビックリが二つ。。。
主人公ニニーが仄めかしたところによると、死体を隠すのに驚くべき方法が!※※※にされたようなんですね!!凄いブラックユーモアです。
そして、二ニーは実は※※※なんですね!!二度ビックリです。
観終わった後に温かな余韻が残るそんな作品ですね。
▪️Overview
20~50年代のアラバマ州、フライド・グリーン・トマトを名物料理に賑わうカフェを切り盛りする2人の女性をめぐる出来事を、現代のジョージア州の老人ホームで、老女が中年女性に語って聞かせるという形で描く人間ドラマ。製作・監督はこれが劇場映画デビューとなるジョン・アヴネット、音楽は「ネイキッド・タンゴ」のトーマス・ニューマンが担当。出演は、キャシー・ベイツ、ジェシカ・タンディ、メアリー・スチュアート・マスターソン、メアリー=ルイーズ・パーカーなど。
ゆい

ゆいの感想・評価

5.0
変わったタイトルでしたが、詳細を読んで気になったので視聴しました…が!!
やはり良かったです!!
ラストシーンを何度か見返しました。
WOWOW 録画 発掘良品

いい映画でした。余韻に浸れます。人生で何が一番大切なのか、見る側が、与えてもらった。ルースの死に際、あえてカーテンを開ける、最期の姿を見られたくないと悟ったイジーが窓の外に話しかける、言葉にしなくても、通じ合える2人の友情は、心が温められた。勇気も、もらった。#今日のプリウス発見したら、トゥワンダ!しちゃおうかな。
>|