みな殺しの霊歌の作品情報・感想・評価

みな殺しの霊歌1968年製作の映画)

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.7

「みな殺しの霊歌」に投稿された感想・評価

恵まれない童貞に愛の手を差しのべた心優しいマダムが鬼畜にもてあそばれ惨殺される。あまりの非道ぶりが許せない!
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.7
うーん、スタイリッシュ。題材もキャストもそんな感じ全然ないのに、絵がすごいオシャレなのが不思議と言うかなんと言うか。それにしても、性犯罪における男女の意識差が浮き彫りになるお話。刑事の言う通り、笑い話にしてしまう人が多いだろうけど、本人は本当に傷ついたからこうなってしまった訳で、やるせないですね。
もた

もたの感想・評価

3.0
佐藤允の悪人顔が炸裂。説明的な場面で流れるスキャットが重苦しすぎて滑稽。いろんな意味で「時代」という言葉で片付けたくなる内容だが、演出は切れてる。
凄い。随所にセンス溢れる。

退屈なシーンが一つもない。切り返しすら一工夫あり、クローズアップ、ローアングルがバシバシ決まっている。

脚本も普通ではない。構成に山田洋次が入っているのも見逃せない。

脇を固める強者達も作品を盛り立てる効果抜群の芝居。

加藤泰は見られるだけ見たい。
女性陣の表情の切り取り方が秀逸。ダンスシーンの異様さに興奮した。
ローポジそしてローポジです。埋まってんのんかい。
WINSRIVER

WINSRIVERの感想・評価

4.0
画面カッコ良すぎる。一瞬、寅さんっぽいシーンあったけど陰影濃すぎてなにやらシュールだった。
佐藤允が残忍な犯行を繰り返す割りに、行動原理が謎であった、、

発端となる事件がかなり斬新です。
出落ちくらいのインパクト。

珍作。
ILLminoru

ILLminoruの感想・評価

2.8
加藤泰監督による犯罪映画。

ゾクゾクするスタイリッシュなアバンタイトルはかなり好みです。

小津的なローアングル、フレームインフレームで日本的スタイリッシュな構図と照明が素晴らしいのですが、いかんせん、肝心の物語が今の感覚で観ると物足り無さを感じざる得ないですね。
※女性による未成年男性のレイプや同性愛要素、差別問題など当時としてはセンセーショナルだったかもしれませんが...、悪い意味での松竹伝統芸な要素が目立ち、この題材にあの演出は作品を凡庸にしています。

アバンタイトルがピークだった...。
ハイコントラストに浮かぶ、シリアスすぎる男の顔。哀しげなスキャット、艶やかなサクソフォン。有閑マダム残酷殺人から、冷たいノワールを予感したが、下地にひかれた松竹印の人情味が、興ざめするほど、温かい。ふたつが混ざる複雑な味と、警察の推理が少年探偵レベルなのにも驚いた。倍賞千恵子の美しさ。と、電子音あり。
>|