ぶちょおファンク

緋文字のぶちょおファンクのレビュー・感想・評価

緋文字(1972年製作の映画)
2.5
序盤★2.5 中盤★3 終盤★3

なるほど、アメリカ文学の名作と言われ何度か映画化されている『スカーレット・レター』ね。名前だけは聞いたことあるぞ。。。

歴史としてこんな時代もあってんなぁ〜…っという興味と面白さの印象で、
最後の方の出来事で「えっ!」っというのがあったけど、
それがどうなったのかは描かれずモヤモヤ。。。
まあ『その行動』がヒトの怖さを最も表現してたのかな、かなって。。。

劇中で姦通の罪を意味する『A(Adultery)』のワッペンを縫った服を着ているんですが、
この『A』ってワッペン貼った服なんかの映画で観たぞ?
っと考えてたら、
エマ・ストーン主演の『小悪魔はなぜモテる?!』
やと思い出し、
なるほどね。ふたつの映画が繋がりました。


2017年271本目