amok

悪い女のamokのレビュー・感想・評価

悪い女(1998年製作の映画)
3.1
キム・ギドク監督の『悪い男』に続き、
同監督の『悪い女』を鑑賞。

どんなエロい悪女が出てくるのかと思いきや、全く悪い女ではなかった。
まあ、色気はあったけど…

難しいのか?
なんか、自分にはよく分からなかった。
売春婦のジナと、頑なに貞操を守り続けるヘミ。
ヘミはジナをずっと毛嫌いしていた。
でも、ある事がきっかけで2人に友情が芽生える。
そして、ヘミは驚きの行動をとるのだが…
なぜ、ヘミがこの様な行動を取ったのか理解不能。
頭の中は、?でいっぱい。

そんな事よりも、小ネタに苦笑するだけで精一杯だ。
優しいお姉さんに、筆下ろししてもらった少年。
彼の達成感と喜びに満ちた雄叫びがウケる。
童貞卒業に歓喜する束の間、性病発症。
病院へ行くと親父と鉢合わせ。
まじウケる。
そこで、父親と兄弟になったことを悟る。
人生で体験したくないシチュエーションワースト3位に入るであろうこの状況。
しかし、はたから見れば面白すぎる。
ヘミの昔の男もギャグだった。
チンピラのこの男。ヘタレで弱っ!
で、ヘミをそのヘタレから救った、男前。
お前もかっ!
こいつも結局ヘミを性の対象としか見ていなかった。

金魚、亀、鳥籠、青い門、絵画
色んなメタファーがあったけど、なんだかな…

キム・ギドク監督は、以前『メビウス』っていう超劇薬映画を観て、精神を八つ裂きにされたので、期待していたのだが(どんな期待やねん)…
『悪い男』と『悪い女』はあまり合わなかったかな。