SOMEWHEREの作品情報・感想・評価

「SOMEWHERE」に投稿された感想・評価

まさ

まさの感想・評価

5.0
100回以上は観ていて、私にとって「パルプ・フィクション」と並ぶベスト・ムービー!ソフィア・コッポラ監督の美学が堪能できます。ここまで観ているとさすがにセリフも覚えました(笑)

エル・ファニングの透き通るような透明感。朝食を作っている姿、テレビゲームをしている姿、夜にアイスを食べている姿、寝顔、スケートしている姿、泳いでる姿…全て好きで、ほんとかわいいと思いますね。こんな娘がほしいです(^ ^)

主演はスティーヴン・ドーフ。タバコを吸っている姿、お酒を飲んでいる姿、シャワー中の姿、フェラーリを運転している姿、Tシャツにジーンズのファッション…全てがカッコイイ!!全ての映像が絵になりますね。

スティーヴン・ドーフ演じるジョニー・マルコは離婚しており、大の女好き。どうしようもない、バカ親父だと思いました。印象的なシーンがあります。イタリアでの出来事…エル・ファニング演じる娘のクレオとの食事に、恋人?遊んでる1人の女性を招き入れたんです。その時のクレオの顔の表情、目から全てが伝わってきました。超気まずい雰囲気になってるのにジョニーは気付かない。バカな子犬みたいな顔の表情でクレオを見てるんです。私は「クレオの気持ちに気付いてくれーー!」って叫びそうになりました。


後半にプールのシーンがあるんですが、天国のような美しさ。何回観ても癒される極上のシーン。

あとジャズ・ダンス話のジョニーの親友サミーもいい味だしてるし、ワン・シーンだけベニチオ・デル・トロも出演しています。

この映画の演出について。あらゆる場面で、サークルを表現していて、要するにぐるぐる何かが廻っている。例えば、フェラーリが同じ道を周り続けるファースト・シーン、ポール・ダンスの回転、アイス・スケートのターン、プールでの折り返し…全てがサークルを表現していて、

同じところを廻る→出口がない

要するに多くの人が日常に感じる閉疎感をさらには長回し(長廻し)で表現している。この閉塞感だが、ルームサービスや外食での食事だったのが、娘との美しいひととき(娘の手料理)や、ジョニーが自分で作った失敗パスタなどに変わることから閉塞感を抜け出していることが徐々に分かる。そして冒頭でぐるぐる廻っていたジョニーはラスト、真っ直ぐな道を歩くのです。

私にとって何回観ても心が癒される、精神安定剤映画です。

最後に、簡単にストーリーを載せておきます。

ストーリー:
ハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ。彼はロサンゼルスのホテル“シャトー・マーモント"を仮住まいにし、高級車を乗り回してはパーティーで酒と女に明け暮れ、まさにセレブリティらしい華やかな生活を送っていた。しかし、それらはいずれも孤独な彼の空虚感を紛らわすだけのものに過ぎなかった。そんな彼が大切にしているのは、前妻と同居する11歳の娘クレオとの親子の短いひとときだった。 自堕落な日常を過ごす彼だったが、母親の突然の長期不在により、無期限でクレオの面倒を見ることになる。やがて、映画賞の授賞式出席のためクレオと一緒にイタリアへと向かうジョニーだったが…。
meru

meruの感想・評価

3.5
冒頭の 主人公が乗った高級カーがぐるぐる円を描くように走るシーンが印象的だった。これはこの主人公のセレブな生活の中のダラダラ暮らしを表してるように思う。

こんな長回しのゆったりとしたシーンが多いこの作品自体 ゆっくりした休日に観ると染みるんだろうなと思う。

ポールダンスをするシュールな女の子と、プールに潜って遊ぶシーン、ヘリで送ってタクシーでの別れのシーンが個人的に好きだった。
rino441

rino441の感想・評価

3.0
日常を切り取った、すぎて話的には面白みがないかも。。。でも冒頭のポールダンスのシーンがシュールなのと、エルファニングがとにかく可愛い!
映画はワクワクする娯楽やってゆう、頭ん中お花畑な人間なので、こういう感じはよく分からない。
面白くないな、と思ったらそれで終わりなもんで、ポールダンス?のシーンや冒頭の車が何台も走り去っていくだけなシーン、きれいだなとも思わないし、シュールだなとも思わないし、ただただ意味不明やとしか思えんかった。
元々ソフィアコッポラ監督の作品は、よく分からないし寝てしまいそうになるんやけど(マリーアントワネットはふつうに楽しんで観れたかな)、これは今まで観た同監督のなかでもダントツ意味不明でした。ここ数年でメアリと魔法の花と同じくらい面白くなかった😂😂 エルファニングは可愛いけどね、それしか残らん
MiYA

MiYAの感想・評価

2.0
今まで観たソフィア・コッポラの映画はどれも好感が持てるものばかりでしたが、これは好きなタイプではないなぁ。

たいした事件が起きるわけでも、劇的な展開があるわけでもなく、日常の出来事が淡々と描かれる(しかも無音のモノローグが長い)。が、その日常の場面どれ一つとしてリアリティがないのが不思議だ。そもそも、スティーブン・ドーフがモテモテの映画スターというのにリアリティがないし、エル・ファニングの純粋無垢な美少女っぷりも、行く先々で待ち構える浮気相手も、全裸のマッサージ師も、どれもがリアリティがない。

静かに狂ってる映画とでも言えばいいのかな・・・
BiBi

BiBiの感想・評価

4.0
冒頭のポールダンスが長くて戸惑いましたが、父と娘の時間はゆったり流れるようでぼーっと見るのに良かったです。ドライブのシーンはLAの風景を見るのも楽しかった。音楽も良かった。

小さいエルがとにかく可愛くて可愛いくて。
主人公は象徴的なスターだったかもしれないけど、多かれ少なかれセレブって華やかなようでいて虚しさを感じてるのかしら。でも娘を愛していて、それに救われているのも事実。
ラスト良い。ずっと親子が幸せに暮らせたらいいなぁと思いました。
HZK

HZKの感想・評価

3.9
うん、、わかるよ、、
もも

ももの感想・評価

4.6
エルファニングわかっ!かわいすぎ…

なんか、内容は深くないんだけど映像音楽が良いから見飽きなかった。
主人公が俺は何者でもないみたいな言って涙を流してるシーン一瞬なのに泣けたな…
onigiri

onigiriの感想・評価

2.0
しんどい
2018.6.10
コッポラには女の子を撮ってもらいたいということもあり、本作は平凡というか一言で言うと好みではなかった。父と娘系作品ではペーパームーンのようなダメ親父の方が好み。
>|