SOMEWHEREの作品情報・感想・評価

「SOMEWHERE」に投稿された感想・評価

まさ

まさの感想・評価

5.0
100回以上は観ていて、私にとって「パルプ・フィクション」と並ぶベスト・ムービー!ソフィア・コッポラ監督の美学が堪能できます。ここまで観ているとさすがにセリフも覚えました(笑)

エル・ファニングの透き通るような透明感。朝食を作っている姿、テレビゲームをしている姿、夜にアイスを食べている姿、寝顔、スケートしている姿、泳いでる姿…全て好きで、ほんとかわいいと思いますね。こんな娘がほしいです(^ ^)

主演はスティーヴン・ドーフ。タバコを吸っている姿、お酒を飲んでいる姿、シャワー中の姿、フェラーリを運転している姿、Tシャツにジーンズのファッション…全てがカッコイイ!!全ての映像が絵になりますね。

スティーヴン・ドーフ演じるジョニー・マルコは離婚しており、大の女好き。どうしようもない、バカ親父だと思いました。印象的なシーンがあります。イタリアでの出来事…エル・ファニング演じる娘のクレオとの食事に、恋人?遊んでる1人の女性を招き入れたんです。その時のクレオの顔の表情、目から全てが伝わってきました。超気まずい雰囲気になってるのにジョニーは気付かない。バカな子犬みたいな顔の表情でクレオを見てるんです。私は「クレオの気持ちに気付いてくれーー!」って叫びそうになりました。


後半にプールのシーンがあるんですが、天国のような美しさ。何回観ても癒される極上のシーン。

あとジャズ・ダンス話のジョニーの親友サミーもいい味だしてるし、ワン・シーンだけベニチオ・デル・トロも出演しています。

この映画の演出について。あらゆる場面で、サークルを表現していて、要するにぐるぐる何かが廻っている。例えば、フェラーリが同じ道を周り続けるファースト・シーン、ポール・ダンスの回転、アイス・スケートのターン、プールでの折り返し…全てがサークルを表現していて、

同じところを廻る→出口がない

要するに多くの人が日常に感じる閉疎感をさらには長回し(長廻し)で表現している。この閉塞感だが、ルームサービスや外食での食事だったのが、娘との美しいひととき(娘の手料理)や、ジョニーが自分で作った失敗パスタなどに変わることから閉塞感を抜け出していることが徐々に分かる。そして冒頭でぐるぐる廻っていたジョニーはラスト、真っ直ぐな道を歩くのです。

私にとって何回観ても心が癒される、精神安定剤映画です。

最後に、簡単にストーリーを載せておきます。

ストーリー:
ハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ。彼はロサンゼルスのホテル“シャトー・マーモント"を仮住まいにし、高級車を乗り回してはパーティーで酒と女に明け暮れ、まさにセレブリティらしい華やかな生活を送っていた。しかし、それらはいずれも孤独な彼の空虚感を紛らわすだけのものに過ぎなかった。そんな彼が大切にしているのは、前妻と同居する11歳の娘クレオとの親子の短いひとときだった。 自堕落な日常を過ごす彼だったが、母親の突然の長期不在により、無期限でクレオの面倒を見ることになる。やがて、映画賞の授賞式出席のためクレオと一緒にイタリアへと向かうジョニーだったが…。
か

かの感想・評価

3.7
映像が美しい エルファニングが可愛すぎる
yk

ykの感想・評価

2.9
エルファニングがかわいい。
Aika

Aikaの感想・評価

3.8
妖精が作るエッグベネディクトはどんな味なんだろう。

少女時代のエル・ファニングは妖精だったらしい。透明感がありすぎて、いつか本当に透けて見えなくなっちゃいそうなほど眩い。

そんな彼女が自堕落な生活を送っていたハリウッドスターの父と過ごしたひと夏。

セレブの生活をあたかも普通っぽく描けるのはさすがのソフィア・コッポラ。
彼女の幼少時代の思い出から着想を得た作品らしい、納得。

ワンカットが無駄に長いのに初めは戸惑うけど、これが父の虚無感の表れであり、慣れてくると夏の気怠さのようにも感じ、プールにたゆたうような感覚で心地よくなってくる。

骨折したり突然娘とふたりきりになったり、自由がきかず立ち止まったとき、新しい風が吹くこともある。
娘の無垢な笑い声が父の心に響いたからこそ、その中身が空っぽだったことに気づくように。
ラストの父の表情がよかったなぁ。

でも夜中に、
娘:お腹減ったなぁ…
父:じゃあ全部の味2個ずつ!
とルームサービスで大量のアイスを頼んでベッドで一緒に食べてくれる父は最高なので、そんなにくよくよしなくても大丈夫だよ、パパ!
shoco

shocoの感想・評価

3.2
とにかくとにかくエルファニングが天使で人魚でお姫様でかわいい!!

映画はゆったりとしててぼぉーっと時間が流れるシーンも多く言葉も多くなく、観る側に委ねるような映画。

最後パパはどうなったのか。

それも委ねる。
egg

eggの感想・評価

3.2
THE おしゃれ映画という感じ。
たしかにエルファニングの透明感とかわいさ!

ただゆるりと夏の午後に見たい。
淡い感じの色が好き

Love like a sunset
ソフィアコッポラはこういう空虚な作品撮るのが上手だと思う。
とりあえずエルファニングが可愛い。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ソフィアコッポラは、自分の居場所や在り方が分からず、人生の中で迷子になって途方に暮れて生きている空虚さ、世界の流れに自分だけ乗り遅れてしまったような孤独感を、言葉は最小限に、静かな映像だけで描くのが本当にうまい。

主人公も、誰もが羨むセレブ生活の中で、心が満たされず、目的もなく、空虚に生きている。自分でも虚しいとは思いつつ、なんとなくなるがままに日を重ねていた。だが、予定外に娘と長く一緒にいられた日々の中で、彼は娘との人生を楽しみ、父親らしくなっていき、真の意味で人生と生きる喜びを実感。

冒頭に同じところをグルグル回り続けていた高級車は、もう過去の日々には戻れないと、確固とした目的地に向かって真っ直ぐひた走る。高級車という虚飾の皮も脱ぎ捨てて、ちゃんと自分の足で立って歩んでいく。
IKED

IKEDの感想・評価

5.0
大好き
薄

薄の感想・評価

3.8
とにかく娘(エル・ファニング)が可愛い

華やかな生活をしながら空虚な男が主人公。途中異国(イタリア)の人々に戸惑う場面があったり7年経った割に「ロスト・イン・トランスレーション」と同じ様な事をやってるなあとは思ったものの、映像もささやかな親子の交流も美しく楽しめた。女性を綺麗に撮るのが上手い。エル・ファニング自体の魅力もあるんだろうけど。
>|