SOMEWHEREの作品情報・感想・評価

「SOMEWHERE」に投稿された感想・評価

セックスとアルコールと車
金と名誉に困らない父親が娘という遊び道具との一時を切り取ったようにしか見えなかった…。
娘との時間を垣間見てセックスしてるし、娘ともただ遊んでるだけでなんの責任も重みも無い。親としての教育もない。
むしろ父娘じゃない関係の方がもっと深みが出た気がするなぁ。

これが金獅子賞か…俺にはわからん。
ANdAZU

ANdAZUの感想・評価

3.7
スコア5 絶対また観たい!ブラボー!
スコア4 心に響いた!素晴らしい!
スコア3 最後まで楽しめた!あは!
スコア2 自分の好みと違うなぁ残念!!
スコア1 よく分からなーい、泣!!
chulaui

chulauiの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

エルファニング はんこちゃん顔
天使のハンコ 羽生えとる

双子ポールダンスおしり
画角!と言っておりました
Miki

Mikiの感想・評価

3.6
ソフィアコッポラ監督の作品はブリングリング以来でした。当時はただエマワトソンが好きな中学生だったので良さはよくわかりませんでした。ながーいひとシーンは退屈するひと手前で終わり、夏の日差しとゆっくりと進む日常が心地よいです。そして、エルファニングが着るワンピースや水着、ジーンズさえも映えてました。本当に可愛い。ていうか、あんな車に乗ってるパパ無条件にかっこいい。何事も適当でいい加減なパパだけど娘のことは大切にしてることが伝わってきて見心地が良かったです。クレオはパパと特別なことはしてないけど確かな幸せがそこにあって…終わり方も良かったです。

このレビューはネタバレを含みます

鑑賞2回目

自分の忙しい毎日にどこか静けさを求めてもう一度触れてみた
ジョニーの満たされない気持ち 小さく流れるミュージックは心の中で鳴り響く、心の ”乱れ”だったり”ほんの小さな豊かさ”だったり”不安”だったり わたしにもわかると思った だからこの映画が好き
The Strokesの『I’ll Try Anything Once』を聴いて Gwen Stefaniの『Cool』を聴いて Phoenixの『Love Like A Sunset Pt 2』を聴いて そしたら心の波や揺らめきが穏やかに安定する気がする
かおり

かおりの感想・評価

4.5
女って生き物は美しいな、とソフィアコッポラの映画を見ると感じる。
双子のポールダンサーはとても滑稽なのに可愛くて魅力的だし、クレオのスケート、朝食作るシーンなんかは天使のようでこの為にパパ生きていけるよね?なんて感じた。
父娘二人だけの何気ないシーンがとっても温かくて。
パパは女に翻弄されていたように思うけど女である娘に救われていたよね。
放って置けないくらい色っぽいこのパパも目の保養でついつい気持ちも入り込んでしまった。
微笑ましく温かく優しいとても良い映画だった。
娘っていいわ。
aoi

aoiの感想・評価

3.0
どこかであり、どこでもない。
ここではないけど、どこかは答えられない。でも存在は感じられる。だから存在する。どこかに。
そんなところに大切ななにかがある。

空気をつかむような作品だったな。
かなり飲んでた状態で見たせいか、一体何を見せられているんだろうと思いながら首をひねったまま、何も消化されるものがなく終わってしまった。というかすげー眠かった。

音楽は感じが良い。温かさの中にある、脆さや切なさ。幸せは見つけた瞬間に感じることができる、でも、すぐに見失ってしまうもの。コンマ1秒でもためらうと手からすり抜けていく。

きっと人は積み重ねてきたものを実感できないと、自分の価値や居場所を疑ってしまうんだろうな。
主人公の彼はどれも中途半端だから、それが見えない。

# 48/2019
sayanam

sayanamの感想・評価

3.3
夏のLAを舞台にした爽やかな世界観。まだ当時11歳のあどけないエル・ファニング演じるクレオがこの雰囲気に絶妙にマッチしてた。最初にジョニーの家を訪れるシーンでクレオが持ってるキャリーバッグの車輪がキラキラしてたのが印象的。有名なプールでティーパーティーのシーンも確認できた。
別れた奥さんとの子どもであるクレオがキャンプに行くまでジョニーと少しの間過ごしていく。二人はゲームをしたり、他愛のない会話をしたり、目に見えた大きな変化はないんだけど、最後はジョニーが変化したことが確信できる終わり方だった。
大好きなフェニックスの『Love Like a Sunset』が映画の最初と最後で流れるのがロマンチック。
>|