キルボットの作品情報・感想・評価

「キルボット」に投稿された感想・評価

ショッピングモール内の道具の使い方が面白い!!


あらすじ
防犯用ロボット3機が雷に打たれ、殺人マシーンに❗️閉店したショッピングモール内で遊んでいた男女4人は銃弾をもはじき返す防犯ロボットに戦いを挑む❗️


コーマン一家が作り上げた隠れた傑作の1つ
一部のマニアではdvdが1万円以上で取引されている代物

ロボットの見た目は怖くないけど殺し方がえげつない…グロいいね👍


80年代‪×ショッピングモール×サバイバル
個人的にこれ傑作の掟だと思う。
『ショート・サーキット』では落雷の影響を受けたロボット兵器が感情を持ちハートフルなドラマが展開されるのに対して、『キルボット』は警備ロボが殺人ロボに変貌する。
「どうせロボしかいねーよ」といって閉店後ショッピングモールに侵入、乱痴気騒ぎをはじめる若者集団は殺人ロボに襲撃される。装甲は堅く銃器は通じないし、レーザーで顔面を爆破したり感電させたり丸焼きにしたりとロボはめっぽう強い。はたして若者はどれだけ生き残れるのか? 

ロジャー・コーマン制作なだけあって低予算だが、派手な惨殺もあり尺も短いのでなかなか飽きずに楽しめる。『ゾンビ』みたいなショッピングモールサバイバルはやっぱり興奮するよなあ、ワンパターンだけど。ちなみに本作のショッピングモールは『コマンドー』で使われていた場所と同じ。制作時期も被っていたという。

そしてキャストも好いのだ。
ダーティ・ハリーオタクの陰キャを演じるのは『ベスト・キッド』のトニー・オデル、「ハヴァナイスデイ!」と超だせえ決め台詞を吐く『ナイト・オブ・ザ・コメット』のケリー・マロニー、特に『ゾンバイオ』ヒロインのバーバラ・クランプトン、そして、ちょい役でポール・バーテル監督も! いいね。B級映画が体系づけられていく感じがする。とにかく、80年代B級スリラーが観たいならコレ! って感じですね。
ロボットカワイイ
JackBurton

JackBurtonの感想・評価

4.3
新型警備ロボットが落雷のせいで暴走し、パーティと称し閉店後のショッピングモール(なんとコマンドーで筋肉モリモリマッチョマンの変態だ!と言われたあの場所!)でドンチャン騒ぎしてた従業員のカップル達を襲い始めると言うストーリー。

ゴキブリも殺せないと言っておきながら、顔を木っ端みじんにする威力を持つレーザーを装備してるなど明らかに犯人を殺す為に作られたろと思わざるを得ない警備ロボ。対する襲われる男達は武装し立ち向かうものの歯が立たない。

イケメン2人は俺達はランボーだぜなんて調子にのってるけども、1人真面目な男が他の2人銃が撃てるのか?と聞かれダーティハリーを24回も見たからねってセリフでもう親近感!!
生き残ったのが真面目な2人で良かった!
皆が夜寝静まった頃…ショッピングモールで飲み会を開く若者達。そんな彼等に神のいかづち(雷)が落ちる!

そしていかづち(雷)は警備ロボ3体に影響!警備ロボ暴走!若者達を泥棒と判断し捕まえるとかじゃなく【殺処分】しに来る!うーん最高!

ロボの放つビームがお尻に直撃しても走り続けてた少女が、後頭部にビームがヒットしたら何故か盛大に頭が爆発したシーンほんまワロタ。振りが効きすぎ。

あとはマジで予想外なこと特に起きないがショッピングモールを広く使った攻防戦がシンプルに楽しいし何よりロボが3体いるのが良い。三兄弟感あってそれだけで燃える。特撮もいい感じ。キャタピラがイイネ!

プレミアついてるdvdを奇跡的に入手しているので雷落ちないところに厳重に保管します。
kuma

kumaの感想・評価

2.5
邦題よりも原題の方がアホらしくて好きだなぁ。「Chopping Mall」だぜ?アホらしいね。

閉店後のショッピングモールに忍び込んでワイワイお楽しみしていた若者達を、落雷によって暴走した警備用ロボットが次々に殺していくB級アクションホラー。時代を感じさせるロボットの造形と、テクノロジーvs現代人という対立構造が楽しい。ショッピングモールの警備用ロボットが強力なレーザー光線を装備している時点でかなり無理があるが、その光線でビッチの頭を吹き飛ばすという随一かつ唯一の見所があるので不問としましょう。

ロボットが人を殺した後に「Think you, Have a Nice Day.(和訳=お勤めご苦労様です)」と声をかけるのはなかなか皮肉が効いていていいなと思う。
このお掃除ロボットが暴走して殺人をする。ただそれだけ。
Tomokito

Tomokitoの感想・評価

2.5
かわいらしくて楽しい映画。
ショッピングモールを警備する3体の最先端ロボットが、導入早々に落雷に遭い頭がラリって殺人ロボットへとジョブチェンジ。更に夜のショッピングモールで何故かパーリピーポーしている若者たちを内蔵された警備用システムで襲いまくるという条件の揃いまくった都合の良い最高の作品。
最先端ロボットとパリピの若者というほぼ真逆な対峙も相まって攻防戦もとても楽しくこういった内容に凄く魅力を感じる。
b級映画の最上級な面白さってこのような映画のことを言うんじゃないだろうか。と思える見本のようなロボット映画