マン・オブ・スティールの作品情報・感想・評価

マン・オブ・スティール2013年製作の映画)

MAN OF STEEL

上映日:2013年08月30日

製作国:

上映時間:143分

3.4

「マン・オブ・スティール」に投稿された感想・評価

marina

marinaの感想・評価

-
スーパーマンなのになんか暗い…
ドーン!って空に向かって飛んでったりするの最高
ヘンリーカヴィルがハマりすぎだしカッコよくてセクシーで好き好き好き好き好き好き好き好き好き好きって感じです。
朱音

朱音の感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

DCEUの一作目、マーヴェルと比べて色々言われがちだけれど、本作に限って言えば出来は悪くなかった。どころかコミック的な画のカッコよさ、完成度はとても高かったと思う。

ヘンリー・カヴィルの惚れ惚れするような肉体美はスーパーマンを演じるに相応しく、現代風のアレンジによってデザインされたスーツ、鈍色掛かった紅マントを纏った佇まいは洗練されて美しい。別の言い方をすればバカっぽく見えない。これこそクラシックなアイコンを現代に甦らせる肝という部分をきちんと満たしている。

アクションは地上でのファオラ=ウルともう一人の兵士、2人のクリプトン人を相手取ったバトルが最も見応えがあった。超人的な能力がどれくらい凄いのかを測るのに他の惑星や宇宙空間でドッカンドッカンやられてもあまり実感がわかないが、破壊される建物や車、道路、逃げ惑う人々など、言い方は悪いが身近なオブジェクトが指標としてあることでそのダイナミズムが実感出来て、なおかつドラマとして緊張感も生まれる。
そういう意味で上記のバトル・シーンにはこの映画に求めていた要素が最も表れていたし、ザック・スナイダー流アクションの特徴が最大限発揮されていると感じる。また単純に映像的な動きのラインが最も見やすいシーンでもあった。
逆にそれ以外のシーンでは主にCG表現など、やたらと情報量が多く、細かすぎるカットやブレるカメラなどで人物の動きや、位置関係、それぞれのキャラクターが行っている事などが把握しにくく、見疲れする。


脚本や構成、一部のキャラクター動機などにも疑問を感じる。
冒頭のクリプトン星での一連のくだりは本当に退屈で、最先端のCGを駆使したSF的ガジェットを展開させるのを見せたいのは分かるし、確かにそれ自体は良く出来ていると思うが、その間物語が完全に止まっているという時間が長い。本作で最もフィクショナルなシークエンスは正直ディティールにこだわられたところで関心が湧かず、また物語的に見てもジョー=エルもゾッド将軍も感情移入し難いキャラクターなのも相まって、シリアスにすればするほど浮いて見える。

個人的にはこの映画でいちばん好きになれたのはケビン・コスナーとダイアン・レインが演じた地球での育ての両親だ。名優2人の存在感と確かな演技によって親子の絆やクラークが受けた精神的影響を比較的短い尺で、端的に表現していてグッと来るものがあった。
ただ飼い犬を逃がす為に身代わりで竜巻に呑まれる死に様は、絵的にはなんか凄いけど、思い返すとちょっと滑稽に感じなくもない。

ヒロインとクラークの関係の変化も急激過ぎて違和感があるし、ヒロインの職場の上司や同僚がラストバトルの最中に繰り広げる救出劇は取って付けたように感じた。ローレンス・フィッシュバーン太ったなぁ…。

などと気になる点も多いが、鑑賞中はとても楽しめた。
ラストバトルはクリプトン人たちの能力がスーパー過ぎて、表現もインフレ気味で人巻き込み過ぎだけれど、コンクリートのビルが豆腐の様に崩れる様はやっぱり見たかったものだし、何より本作はクラプトン人であるカル=エルが、地球人クラーク・ケントとして、スーパーマンとしてのアイデンティティを確立してゆくドラマとして面白かった。
ま

まの感想・評価

3.0
良い人達に育てられたなあ…
マーベルだったら"He saved us"だけにはならないんだろうなと思ったり
yukopooh

yukopoohの感想・評価

3.9
先にジャスティス・リーグを見て面白かったので借りてみました。
どうしてもクリストファーリーブのスーパーマンが小さい頃から好きだったので見るのに抵抗があったけれど
これはこれで面白い。ロイスレーンとの知り合い方も、最初のと違うけど、まあこれでいいかも。
ケビン・コスナーとダイアン・レインがとても良かった。コスナーのお父さん役がハマっていて、スーパーマンを地球上らしくしていた。
すみ

すみの感想・評価

5.0
バトルは横に置いておくとして、ドラマがよかった。
成長譚に惹かれるのは葛藤を乗り越えて高みにたどり着く成功の物語だから、見ていて気分がいい。
反対に失敗するヴィラン側を密度をもって描かれているのに掴まれた。選択できない脆さと強さ。同情するように導かれている気がしないでもないけど、反する物を併せ持つキャラクターは魅力がある。加えて脅すシャノンの演技がよかったので…結局はそういう嗜好の話しかできないのがくやしい。
気軽に見てぞわぞわしてほしい。
Lea

Leaの感想・評価

3.7
スピード感、爽快感、迫力満点!!

ただ、最後のバトルで街を破壊しまくるところはやりすぎだろ!と思わずにはいられなかった笑

地球人の父の最期は泣けた。

このレビューはネタバレを含みます

30分くらい削れるやろってぐらい長ったらしかった。一人でツッコミ入れながら見んと続かん。スーパーマンって…仕方ないけどスーツがダサい。まだキャプテンアメリカの方がマシなのでは。性格はすごくいい人なんだけど…なんでこんなにも好きになれないのかっていう…。ジャスティスリーグを見たいからそのためにシリーズ最初から見てるだけっていう映画。

クリプトン滅亡の危機に、ゾッドたちがクーデターを企てるが、それを拒んだクラークの両親が、クリプトンが消える前にクラーク(カル=エル)を地球に送った。何百年何千年もしてゾッドたちがクリプトン人再興のために地球に来て地球人を廃そうとするが、スーパーマンが頑張って止めるよって話。ツッコミどころ満載でした。

まずクラークの中に十数億のクリプトン人のDNAが入ってるってキモすぎ。それにお父さん強すぎ。実体はないにしろもはや死んでない。ラッセル・クロウはかっこよかったけど。

育ての父親の死に方も謎すぎる。走れよ。ヒロインのロイスは可愛かったけど、どこで両想いになったよ。軍人でもないのに航空機に乗っとんも意味分からんかった。機器を作動させるためだとしても、結局作動させたのは博士(ぽい人)やから役立たずだったし。隊長とかは「名誉の死だ」って言ってブラックホールに飲み込まれたけど、ロイス結局運良く1人だけ助かるし。

クラークもインド洋までいくのは良かったけど、あのにょろにょろどうなったの?光の中に入ったからもう襲ってこなくなったってこと?あの場面いるかな。最後は目からビームで人間を殺そうとするゾッドの首をコキッとやってワーーーーって言ってたけど、ワーーーーの意味が分からん。最初にゾッドに飛びかかった時建物も街もぶち壊しとるし、それでもしかしたら死人も出とるかもしれんのに、敵倒してワーーーーてなんやねん。ていうかゾッドの死に方シンプルすぎるんだよなぁ。あんだけ硬い建物にどんがらがっしゃんってなってんのに首コキッとやられただけで死ぬんだもんなぁ。

最後記者になっとんも意味分からんかったなぁ。わざわざロイスと同じとこ行かんでいいやんっていう。周りの人達はそれでいいのか?

でもアクションはかっこよかった。敵役の女の人がめちゃめちゃ強くてかっこよかった。戦い方も、動きがはやいから面白かったし、硬い装備のおかげで銃が全く効かんから「は?」って首傾げてるの良かったw

アベンジャーズ見てるから評価が辛辣になる~。次バットマンvsスーパーマンでしょ?なんで敵になんねん。
まよい

まよいの感想・評価

3.1
スーパーマンって応援したくなる…
>|