マン・オブ・スティールの作品情報・感想・評価・動画配信

マン・オブ・スティール2013年製作の映画)

Man of Steel

上映日:2013年08月30日

製作国:

上映時間:143分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「マン・オブ・スティール」に投稿された感想・評価

たけち

たけちの感想・評価

3.8
NY破壊しすぎ笑
DoNa

DoNaの感想・評価

3.9
バチかっけぇスーパーマン。

そんな中でも色々な葛藤が見られ、ヒューマンドラマっぽい側面もあります。
ビューン!ドカーン!!バコーン!!!世界平和!!!!みたいなのを期待するとちょっと裏切られるかも。

ダークな世界観がDCの良いところ。
なんでこんなにDC映画って見るの億劫になるんでしょう?暗いから?
でも犬がぶじだったのはよかった……犬がピンチになる映画は苦手です。
shamcafe

shamcafeの感想・評価

3.2
まあまあかな
masa

masaの感想・評価

3.3
DCEUシリーズ1作目
「鋼鉄の男」スーパーマンのリブート作品
滅亡の危機にあった惑星クリプトンから赤ん坊のうちに地球へ送り出されたクラーク・ケント
VSゾッド将軍
バトルシーンは「ドラゴンボールZ」や「鉄腕バーディーDECODE」などのアニメを参考にしている
jun

junの感想・評価

2.8
スーパーマンってよく知らなくて、まっさらな状態で観賞しました。

DCエクステンデットユニバースの1作目らしく、しっかりとスーパーマンのオリジンが描写されていたかなと思います。私のスーパーマンのイメージは「無敵で理屈なくヒーロー」でしたが、アイデンティティに悩む複雑なキャラクターでした。逞しいヒーロー像はヘンリーカヴィルにバチっとハマっていましたが、悩み迷う姿は新鮮で意外性があってそれはそれで魅力的に映りました。

昨今、沢山のヒーローがいて、様々なキャラクターがあります。それに比べてしまうと、陳腐に感じるかもしれません。元祖ヒーローの良さも感じましたが、それをリブートする難しさも感じました。
ザックスナイダー監督作品。
後にDCEUと呼ばれるDCユニバース作品第一弾であり、スーパーマン誕生のストーリー。
製作総指揮にクリストファーノーラン、音楽にハンズジマーとガチガチにシリアスよりなハイスピードアクションとなっており、重厚な世界観が形成されている。
主人公はクリプトン星生まれ、育ちは地球であり、ほとんどの描写で自分はなぜ他の人間と違うのか苦しむ。しかし自分の正体がわかると使命を認識し、地球を守るために戦いと救済に身を投じるという基本的なヒーロー像はよき。
やはりこの作品の良さは、圧倒的なハイスピードアクションであり、スピードとパワーが売りのスーパーマンの持ち味を体現していると言える。
も

もの感想・評価

-
暗い、マーベルと比べちゃうと作品全体の空気が重々しくてうーん
K

Kの感想・評価

3.5
バットマンVSスーパーマンを観るために観賞。
スーパーマンには詳しくないので普通に、そんな生い立ちがあったのか〜と観てました。

人類(スーパーマン)も人類存続のために闘っていて、クリプトン人も自分たちの種族を護るために闘っていたことだったから、ただ価値観の相違がつらいなって感じ。

今作を観ている限りスーパーマン最強に強いじゃん!って印象で、バットマンは全シリーズ観てるけど正直あんま強いイメージを持ってない…(人間相手には多少強い程度)なので普通にバットマンまじでスーパーマンと闘う気なの?!と今から不安です…。
>|