Noriko

12人の怒れる男 評決の行方のNorikoのレビュー・感想・評価

12人の怒れる男 評決の行方(1997年製作の映画)
3.9
死刑制度についての授業内で鑑賞。冒頭と最後の最後を除いて全部一部屋で進む物語。面白かった。

殺人事件について裁いているはずだったのに、それすらミステリーで描いているのが印象的でした。怒る人には起こる理由があって、無罪を主張する人も理由がある。
それぞれのキャラクターがちゃんと立ってて見てて飽きなかった。

何もかもが解決したかのように見えたけど、無罪が決まっただけで他に犯人はいる。またこうやって同じシチュエーションが繰り返されるのかな。
私は裁判員裁判に行くの怖いです。